iPhone,iPad,Macや便利なデジタルガジェット、Webサービスなどの情報をお届けします。

OS X YosemiteをMacBook Air 11.6インチ 2013に入れてみた

17日朝9時ごろに「OS X Yosemite」のダウンロードを開始しました。昼まではMacBook Airは使わない予定だったのでそのまま放置で12時ごろ帰ってみるとまだダウンロード中。またまた、そのままにして外出し1時過ぎに帰ってみるとやっとダウンロード終了しインストール開始画面になっていました。さすがに5GBをこえてダウンロードするのには時間がかかりました。回線速度が遅いですからねえ。

インストール途中で止まって動かなくなる事例があるということも目にしていたのですが、そのまますんなりとインストールできました。関連アプリもアップデートし、結局完全に動かせるようになったのは3時前でした。
yosemite

さてMacBook AirにYosemiteを入れて立ち上げた第一印象。

「アイコンのブルーがきついぞ」
yosemite2

「Dockのアイコンがフラットなのでポップすぎるぞ」
yosemite3

アイコンのブルーは少し個人的にはきついかな、もっと淡くてもよかったかも。Dockのアイコンはフラットなので色が強調されてポップな感じはするもののおもちゃのような感じが最初しました。正直「なんじゃこれ?」と思ってしまいました。iOS 8のデザインと同じような感じになってしまったので、なんというかMac OSとしては違和感を感じました。

しかし、数時間使っていくうちに慣れてしまって、これはこれでもういいんじゃないという感じになってしまいました。慣れとは恐ろしい。

フラッシュストレージの空きが増えました

アップデート前は53GBの空きでしたが、Yosemiteをいれたあと60GB空きがありました。7GBほど空きが増えたことになります。

さくさくです

画面の切り替えやアプリの立ち上がりなどの反応が素早くなりさくさく動く感じになりました。トラックパッドでの操作も今までよりも指の滑りにくっついてくる感じになり心地よいです。

フルスクリーンにするアイコンが変更

今まではフルスクリーンにするときは右上のアイコンをクリックしていましたが、Yosemiteは左上の3つならんだアイコンの緑をクリックでフルスクリーンになります。慣れるまでは右上にカーソルを持っていってしまいます。

とりあえず感じた点は3つ。その他使い込んでみないとわからないことがまだまだありそうですが、なんだかんだと文句をつけつつも一番使っていて楽しいOSであることは間違いないと思います。

Yosemite面白いのでiPad AirではなくMac mini買おうかなあ。
Mac miniで映像や動画編集してMacBook Airで持ち運ぶっていいかもね。

APPLE MacBook Air 1.3GHz Dual Core i5/11.6
アップル (2013-06-11)
売り上げランキング: 14,782
気になるものを探そう!
この記事を書いた人
岡山県在住のフリーランス。「2480GADGET(ニーヨンハチマルガジェット)」で日頃使っているMacやiPhoneの情報、気になるガジェットのことなどを書いています。更新情報はTwitterでもお知らせします。 ※Mac,iOS,ガジェットに関する執筆等のご依頼はTwitter DMでお願いします。
SNSでフォローする