Macでアプリを起動時 常にフルスクリーン表示にしたいときはここのチェックをはずしておこう

Mac

MacBook Airを毎日数時間使っています。えーiPad mini Retinaを常時持ち歩いて使ってみるとわかることがあるかもということを先日書きましたが、すでに挫折しております。これはわかっていたことを再確認する結果になってしまったのですがMacBook Airを使った方がなにかにつけて数段早い。もちろん行う作業によりiPad系の方が優れている部分はあるのですが、MacBook Airの前に座っていることが多い環境だとどうしてもMacBook Airに頼ってしまいますよねえ。

そんな頼れる相棒MacBook Airですが、アプリを複数立ち上げて作業することがほとんどだと思います。そのときには皆さんはアプリをフルスクリーンで表示させて切り替えているでのはないでしょうか。

Macでアプリをフルスクリーン表示させておくとアプリの切り替えが非常に便利なのです。アプリを切り替えたいときには3本指でトラックパッドを左右にスワイプさせればOKです。これがとてつもなく快適なのでiPhoto以外はフルスクリーン表示をしているのです。(※個人的にiPhotoはフルスクリーンでない方が使いやすいため)

しかし、フルスクリーンで表示させているアプリも閉じてしまうと次回立ち上げるときにフルスクリーン表示にはなりません。アプリによってはフルスクリーンで立ち上がってくれるものもあるのですが、常用するSafariとカレンダーはいったん終了したあとに起動するとフルスクリーンではない状態で立ち上がります。これをウインドウ右上のアイコンをクリックしてフルスクリーン表示にいちいちするのは面倒です。

それではどうすればいいのか?

システム環境設定の「一般」の項目の中にその設定があるのです。

Macスクリーン1
「システム環境設定」を開きます。

「一般」をクリック

『アプリケーションを終了するときにウインドウを閉じる』のチェックをはずす

フルスクリーン表示したいアプリを立ち上げてフルスクリーン表示にする
Macスクリーン2
これでOKです。

上記のチェックが入っている状態だと「開いていた書類とウインドウは、アプリケーションの再開時には復元されません」ということなのでフルスクリーンではない状態でアプリが立ち上がるということになります。

「開いていた書類とウインドウは、アプリケーションの再開時には復元されません」という説明はわかりにくいですね。『選択した場合、アプリケーションを終了して再度開くときにウインドウは復元されません』とでもなっていればイメージしやすいのですが。『アプリケーションを終了するときにウインドウを閉じる』という文ももう少し考えた方がいいのではないかと思ってしまいます。

MacBook iMac Mac mini Mac Proを使っていてアプリを起動時に常にフルスクリーン表示にしたいときは一般設定の中の『アプリケーションを終了するときにウインドウを閉じる』のチェックをはずしてみてください。いちいちフルスクリーン表示にアイコンをクリックして切り替えなくても、アプリを立ち上げるだけで快適にスワイプでアプリ間の切り替えができるようになりますよ。

Apple Magic Trackpad MC380J/A
Apple Magic Trackpad MC380J/A

posted with amazlet at 14.10.03
アップル (2010-07-29)
売り上げランキング: 1,074
この記事を書いた人
ニシヤマ@2480_G

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014を使っています。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを中心に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

ニシヤマ@2480_Gをフォローする