iPhoneのフィットネスアプリケーションと連携できるカシオ スポーツウオッチ“PHYS(フィズ)”『STB-1000』

iPhone

CASIOのBluetooth® v4.0対応 G-SHOCK『GB-5600B-1JF』『GB-6900B-1JF』はG-SHOCK+をインストールすることでいろいろな機能と連携することができる時計です。G-SHOCKとiPhoneの双方向操作が出来るので、音楽プレーヤーや時計機能のリモートコントロールを可能にしてくれます。音楽プレーヤは「再生」「一時停止」「次の曲」「前の曲」「ボリューム」などを時計のボタンに割り当てて音楽プレーヤーをリモート操作することができ再生中の楽曲名を時計に表示してくれます。

その他電話の着信をG-SHOCKが電子音やバイブレーションで知らせてくれるし、メールの受信をG-SHOCKに通知してくれるので手元で確認が可能です。Facebookの友達リクエストやメッセージ、そしてお知らせ、Twitterの場合は@ツイート、タイムラインの更新も通知してくれるのでTwitterの情報も逃すことも少なくなります。

iPhoneのカレンダーで設定したイベント通知日時になるとG-SHOCKが電子音やバイブレーションで通知してくれます。iPhoneのリマインダーの内容も電子音やバイブレーションで通知。これは便利ですね。

gshock
これらの機能に追加して、iPhoneのフィットネスアプリケーションと連携することができる『STB-1000』をスポーツウオッチ“PHYS(フィズ)”の仲間として9月27日より発売するとアナウンスがありました。

新製品の『STB-1000』※1は、「Runmeter」や「Runtastic GPS」、「MapMyRun」などiPhone用※2のフィットネスアプリケーションと連携し、ランニングのペースや距離、経過時間、脈拍※3やサイクリングのスピード※3、ペダル回転数※3などのフィットネスデータが確認できるスポーツウオッチです。

対応端末はiPhone 4s,5,5c,5s(iOS7)です。『STB-1000』の価格は13,500円+税。iPhoneと通信接続を行うためのSTB-1000対応スマートフォンアプリケーションは

Runmeter
Walkmeter
Cyclemeter
Runtastic GPS
MapMyRun
MapMyWalk
MapMyRide
MapMyHike
MapMyFitness
Wahoo Fitness
CASIO WATCH+
をインストールする必要があります。

『STB-1000』のモバイルリンク機能を1日に12時間使用した場合、電池寿命は約2年です。重量も55g。カラーはブラックとオレンジの2色。個人的にはオレンジがいいですねえ。毎日走っていて、そのときにはiPhoneを欠かさずという方は、iPhoneをポーチに入れて、『STB-1000』を腕につけておけば、メールの確認も、Twitterの確認も走りながら可能です。

価格は13,500円+税なので、G-SHOCKを買おうかなあという方は『STB-1000』も候補に入れてもいいかもしれません。電波&タフソーラーに対応していないのですがiPhoneと連携出来るG-SHOCKとして面白い製品ではないでしょうか。

Bluetooth®SMART対応
フィットネスアプリケーションと連携できるスポーツウオッチ

[カシオ]Casio 腕時計 G-SHOCK Bluetooth ver4.0対応 【数量限定】 GB-5600B-9JF メンズ
CASIO(カシオ) (2013-10-12)
売り上げランキング: 2,821
この記事を書いた人
ニシヤマ@2480_G

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014を使っています。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを中心に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

ニシヤマ@2480_Gをフォローする