Ankerの「iPhone5c,5s用 マグネット式取り外し手帳型ケース」が便利かもしれない

iPad mini Retina用にAnkerのケースを2つ購入しています。Ankerはモバイルバッテリーで着実に知名度を上げているメーカーですが、iPad AirやiPad mini 用のケースもコストパフォーマンスがよいのです。iPad mini Retina用に2つケースをAnkerから購入していますが、1000円とは思えないしっかりとしたケースなのでどれにしようと思ったら、とりあえずつなぎでもいいのでAnkerのケースを1つ持っておけばいいのではないかと思います。

とはいうものの、今はAnkerではなく違うメーカーの激安980円PUレザー手帳型ケースをiPad mini Retinaにつけています。ちょっとだけ重いんですよね、Ankerのケース。でも質感はいいですからお勧めにはちがいありません。気分によってつけかえています。

さて、Ankerのケースで手帳型のiPhone用のものがでればいいのにと思っていたらあったんですねえ、それも着脱可能というギミックを備えたケースが。こちらです。

iPhone 5c用
Anker iPhone5C用 マグネット式取り外し型ケースおよびカバー 極薄なデザイン【生涯保証】

iPhone 5s用
Anker 分離型ケースカバーiPhone5 / iPhone5S用

何が取り外し可能かというと、ケースと手帳型のカバーの部分です。着脱には磁石を使っていて、ハードケースを磁石が仕込んであるカバーとくっつけることで手帳型のケースへと早変わり。ハードケース単独で使うこともできるし、カバーをつけて手帳風にして、そのカバー部分を折りたたんで動画などを楽に見ること出来るのです。
ankerケースc1
iPhone 5c,5s用ともにブラックのカバーです。カラーバリエーションがもっとあれば5cの色と合わせることができていいのですが、Amazonではブラックオンリーです。液晶にあたる部分はマイクロファイバーになっているので画面を傷つけることはありません。このあたりはiPad mini 用と同じ加工です。
ankerケースc2
iPhone 5c用はケースの外側はゴムによるコーティングがされていてより落下に対するリスクを減らす仕様になっています。iPhone 5s用はケースがメタリックコーティングされていてちょっとだけゴージャスな雰囲気です。

レビューを読むと概ね好評ですが、難点が3つ。1つはちょっと重いということです。磁石を仕込んであるのと金属製のプレートを挟み込んでいるので、iPhone 5sに装着するとiPhone 4のようなずっしりとくる重さになるということです。iPad mini 用もそうなのですがカバー部分がしっかりとした素材で作られているので、若干重いのですね。

2つ目はは、ケースがあまりにもジャストフィットなので装着、脱着に少し苦労するということも書かれていました。iPad mini 用のAnkerのケースは脱着は簡単なので、iPhoneの場合は硬い素材ではないかと推測します。iPhone 5c用はポリカーボネート、iPhone 5s用はプラスティックと記載されています。たぶん、取り外すときはコツがあるのだと思うのですが、ハードケースの場合は脱着が面倒という部分は大なり小なりありますね。

最後は、カバーのカメラ部分が折曲がりやすく、ポケットに入れているといつのまにか折り目がついていたというレビューもありました。この部分はくりぬかれている部分なので強度が弱いということはわかります。ポケットに入れる時は要注意です。

しかし、見た感じしっかりとした手帳型ケースのようですし、用途に応じてカバーをつけたり外したりできますから、手帳型のケースと液晶以外の部分を保護するハードケースを付け替えて使っている方にとってはありがたいケースではないでしょうか。Ankerの生涯保証もついていて1000円です。コストパフォーマンスは高いと思いますよ。

Anker 分離型ケースカバーiPhone5 / iPhone5S用
Anker
売り上げランキング: 317
この記事を書いた人
ニシヤマ@2480_G

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014を使っています。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを中心に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

ニシヤマ@2480_Gをフォローする