白ロムiPhone 5c をMVNOなSIM(SMS対応)で使うために注文したのです

iPhone

激しく気になる端末 それは『Xperia Z Ultra』と前回の記事で盛り上がりました。実機を見てきましたが、いやあいいですなあ、持ってるだけでうれしくなるなあというものでありました。しかし、なにか購入するときにはひと呼吸おくことにこのごろはしているので、昨日はポチっとせず、じっくりと自分の中での端末優先順位を考えてみたのです。その結果、今は『Xperia Z Ultra』ではないという結論に至りました。

タイトルにもありますように、結局『iPhone 5c』の白ロムを購入することにして今日の午後、注文したところです。
iPhone5c
さてさて、どうして『iPhone 5c』の白ロムになったのか。とりあえず、一番先に買い替えないといけないのは、Nexus 7 LTEではなくiPhone 4sだからでした。

今奥さんが使っているのがiPhone 4sです。もともとはSoftBankで契約していたのを紆余曲折ありauのケータイにMNPして、回線契約がきれた状態で、あまり大きな声では言えませんが、GPPの下駄をはかせ、b-mobileのSIMを突っ込んで使えるように仕上げたかなりマニアック仕様のiPhone 4sなのです。

かれこれ7ヶ月ほどこのマニアック仕様で使っているのですが、流石にときどきおかしなことになるわけです。メッセージやFaceTimeの挙動が不安定さがあります。突然メッセイージが送信中のままになっていっこうに終わらず、ついにバッテリーを消費し続けるという事態になることがあります。その対処法はある程度は開くしているものの、奥さんでは対処出来ない事項です。

また、セルスタンバイ問題もありバッテリー消費が通常よりちょと早いのですね。GPPを使っている時点でバッテリーの消費は早いということは了解していたし、b-mobileはSMS対応SIMではないものを使っているので余計とバッテリーの消費が大きいということは承知しているので、このあたりはOKなのですが、出来たら長く持った方がいいですよね。

それに、私と同じで、手元が怪しくなっているので、小さな画面はきついということをこのごろ訴えかけておりました。3.5インチと4インチはその差0.5インチではあるのですが、操作性や、視認性は随分とよくなるのです。まあ、4インチのiPhone 5cにするなら、いっそのこと5インチクラスのAndroid端末に切り替えるかと考えましたが、先日Nexus 7 LTEがiPhone 4sの代わりに問題なく使えるかを検証した記事も書きましたが、iOSのみでずーっと使っていると(奥さんはかれこれ1年6ヶ月は使っているので)Androidを使うということに抵抗感(新しい作法を覚えないといけないので)が出てきます。

となれば選択肢は1つ。iOSデバイスを準備するしかない、ということです。

今となってはmineoが出てきましたので、docomoのiPhoneではなくauのiPhone 5c,5sも検討材料に入ります。価格的に一番リーズナブルなのはauのiPhone 5c 16GBです。しかし、肝心のSIMが2〜3週間待ちという状態ではすぐに使用出来ません。mineoが注文して2、3日でくるならauのiPhoneを探したのですが、3週間は待てません。mineoは3Gにつながらないという部分もあるので、無難なdocomoのiPhone 5c 16GBということになるのです。

しかし、docomoのiPhone 5cはAmazonで一時期よりも高値安定していて3万円から4万円のあいだがありません。4万を余裕でこえてしまいます。こうなるとヤフオクです。割と出品されているし、35000円から40000円のあいだで美品の中古もあります。最安の35000円程度と考えれば送料と手数料で37000円弱。オークションを利用する時は競り合うのが面倒なので即決でおとすようにしています。即決であればおまけや送料無料になったりする特典をつけてくれる出品者も多いので、即決ねらいです。

35000円即決のiPhone 5cがあったので、ほとんどこれに決めようとしたときにふと、白ロム販売のじゃんばらやドスパラやイオシス、ムスビー、楽天なども見てみようかと思い立ち、リサーチしてみるとイオシスに新品未使用のiPhone 5c 16GBがあるではありませんか。他は40000円こえだったり、docomoのiPhone5cはなかったりしていたので、新品未使用があるのはラッキーかもと思いました。

ヤフオクよりも幾分高くはなりますが、イオシスは未使用品6ヶ月保証もあるのであとあとのことも考え、ヤフオクではなく、こちらで購入することにしました。

多分配送は週明けになると思うので、Amazonで対応SIMも注文し、あとはケースとフィルムはじっくりと選ぶことにします。

auのケータイをMNPでiPhone 5cにしようかとも思ったのですが、電話を「うけるかける」はケータイの方が慣れている分直感的ですし、今使っているケータイは防水防塵、ラフにあつかってもOKなのでそのまま電話専用にしておくのが無難かなと考えました。4万弱で本体を購入したとしてもケータイ+白ロムiPhone 5c+MVNOの方が2年間のランニングコストはMNPでキャリアをかえた場合よりも随分と安くあがるのです。

ということで、『Xperia Z Ultra』はお預けでiPhone 5cの到着をワクワクしながら待ちたいと思います。MVNOのSIMもIIJmioやb-mobileとは違うものを準備しましたし。

そのお話はまた次回に(^^)。

Apple docomo iPhone5c White 16GB [ME541J/A]
Apple Computer
売り上げランキング: 28,352