第4世代iPad販売再開で自分にあったモデルはどれだろうと思ったときに

Apple

iPad 2のかわりに第4世代iPadの販売が再開されましたね。第4世代iPadの販売価格は39,800円。16GBモデルのみです。iPad Airの16GBが51,800円。16GBのiPad mini Retinaが41,900円です。初代iPad miniが31,800円で販売されています。しかし、初代iPad miniのパワー不足は否めないので、実質の選択としては4世代iPadとiPad AirとiPad mini Retinaの3択になるのではないかと思います。

自分にあったiPadはどれだろう?そんな方に興味深い記事がこちら。

あなたに最適な「iPad」はどれ?–第4世代の販売再開であらためて考える(CNET Japan ニュース 解説)

私の場合はiPad miniからNexus 7 LTEにチェンジして使った後、またiPad mini Retinaを追加した形になっています。初代iPad mini はiOS6で使っているときにはさほどストレスなく使えていたのですが、iOS 7にアップデートしてからもたつくようになり、そのもたつきが気になったので思い切ってNexus 7 LTEにチェンジしたのでしたなあ。iOS 7.1ではまたまた随分と軽くなったということなので、7.0の時よりもストレスなく動くのかもしれませんが。

IMG_1060

初代iPad miniからチェンジしたNexus 7 LTEも非常にいいマシンではありましたが、しばらくたつと、やはりiOSのタブレットが欲しくなり、iPad AirかiPad mini Retinaかで考えたすえ、またまたiPad mini Retinaを購入したのでした。Macが母艦であり、iCloudをメインで使ってデータ管理をしているとMacとiPhone、iPadで固めた方が便利だということがNexus 7 LTEを使ってみて分かったのでした。

そんな便利なiPad、いったいどれを購入すればいいのかという部分で参考になる上記記事。読んでみてください。私はいろいろと考えて結局購入したiPad mini Retinaを毎日便利に使っていますが、たまにiPad Airを購入した方がよかったかなと思うこともあります。画面が大きい方が見やすいときもあるのです。でも、iPad mini Retinaを持ち歩いているときにはiPad mini Retinaで良かったなあと感じます。鞄の中でのおさまりと軽さはiPad mini Retinaですねえ。

1〜2万で気軽に買うことができるものではなく、最低でも4万以上出さないといけませんから、自分の使うスタイル、そして、iPadに投入出来る金額の両面から考えて自分にあうiPadを選びたいものです。

この記事を書いた人
ニシヤマ@2480_G

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014を使っています。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを中心に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

ニシヤマ@2480_Gをフォローする