MacBook AirとiPhone5のメモを活用する

MacBook AirとiPhone5のメモを活用する
Evernoteを使ってブログの下書きをしていたのですが、この記事からMacBook Airのメモを使って書いています。Apple純正のメモの利点はiCloudで同期されるという点。これが便利この上ないということに気がつきました。

灯台下暗し。

Evernoteで下書きを書いたあと、ブログにアップするのでEvernoteのノートは見直すことがありません。書きっぱなしになっています。タグをつけて分類をするようにはしていますが、他のノートとごちゃごちゃになりそうで、先程ごっそりと下書きを削除しました。

これでEvernoteはメモや覚え書きなどのちょっと気になることを溜め込んでおく場所にしようと思ったのです。

そうするとブログの下書きはどうするか?ですが、直接WordPressのダッシュボードから新規投稿で書いていってもいいのですが、たまーに書きかけのところで固まってしまって書きかけの記事の一部が消えてしまうということがあったので、それ以来下書きはEvernoteで行なっていました。

その役割をどうするかで、忘れていたメモを思い出したという訳です。

MacBook Airのメモを開いてみると、メモの個数は3。本当に使っていませんねえ。そのメモもたいしたないようではなかったので削除して、心機一転あらたにこの記事を書いています。

MacやiOSデバイスを中心に使っているとiCloudを基軸に動かすようになってくるので、完全にAppleに囲い込みされている状況ですが、この連携具合はやはり快適です。

MacBook Airで書いたメモはiPhone5にすぐ同期されていて、続きを外出先でも書くことができ、帰って来てから、またMacBook Airで書くということはEvernoteでもできますし、Dropboxとシンクすることが出来るエディタでも出来ますが、シンプルに書くということであればメモは十分使えるのだなあと感じるのです。

EvernoteとDropboxとiCloud、この3つはなくてはならないサービスになってきました。Googleのサービスは連絡先くらいしか使っていないので、Googleのサービスをメインに使っている場合は純正のメモを使うメリットは少なくなりますが、iCloudメインであれば使わないともったいないですね。

純正メモも使い込んでいこうと思います。
201312062
メモの内容は「メール」「メッセージ」にすぐ送ることができますから、メールやメッセージの下書きにも使えますね。連携もバッチリです。

この記事を書いた人
ニシヤマ@2480_G

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014を使っています。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを中心に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

ニシヤマ@2480_Gをフォローする