Windows Phone IS12Tという面白い端末を手に入れたのです

前記事でWindows Phoneが気になるなあと書いたのですが、9月27日の火曜日、たまたま用事で出かけた帰りにリサイクルショップによるとIS12Tの中古が4000円程であったので捕獲しました(^^;)

新品ではなく中古で若干使用感があり、背面のWindows Phoneのロゴもeが消えかかっていたり、ディスプレイに薄い傷が入っていたりしていたのですが、試しに使ってみるにはいいだろうと思って購入したのでした。Amazonで買うと新品で10000円程。オークションやその他の白ロム屋さんを探せば7000円台で新品が手に入るのですが、現物がそこにあるので速攻で。

IS12Tは2年前の2011年8月に発売された端末なので2年が経過しています。今更感はあるのですが、初めてWindows Phoneを使うことですので、いろいろと書いてみます。

IS12Tはau間はSIMフリーなので、ショップに行きロッククリアの手続きを踏まなくても今まで使っていたケータイからSIMを抜いてさすだけで使えるようになります。これはありがたい。2100円払わなくてもいいですから。SIMを入れたら充電しなければいけません。

中古のIS12Tですので、ついているはずのUSBケーブルがありませんでした。ACアダプターは最初からついていないのでいいのですが、USBケーブルがないと充電も出来ません。手元にあったKindleのケーブルを使うことにして先ずは充電を完了させました。

その後は液晶保護シート。Amazonに頼んでもいいのですが、余っているiPhone5用のシートがあるので、これをカットして使うことにします。あいにく光沢タイプしかなかったのでとりあえずつなぎのつもりでiPhone5用のシートをカッターで切り適度な大きさに調整し貼付けることで準備OK。

ケースはつけずに液晶保護シートだけで使ってみようと思います。IS12Tの色がシトラスできれいなのでこれをかくすのはもったいない、それに細部のデザインも悪くないので今までのケータイのようにストラップだけで使うのです。中古なんでもうすでに若干傷がついていることもあって、使っているうちにつく傷も許せるでしょう。
IMG_0685
大きさはほんのちょっとだけ縦方向に短く、重さはiPhone5のケースなしと同じように感じます。コンパクトで持ちやすいです。液晶の大きさは3.7インチで少しiPhone5よりも小さいのですが、そんなに小さい感じはしません。

背面のカメラがいい感じで主張しているのでアクセントになって気に入っています。前面には物理キーが3つあり、少し小さく押しにくいという面もありますが、これはこれでOKです。

液晶の発色はよく明るいです。明るさが自動調節、自動にしない時は低,中,高の3段階から選ぶようになっています。スライダー形式の方が良かったのですが、今は自動調節にしています。

バッテリーの持ちは中古なのでこんなもんだと思うのですが、ぎりぎり1日持つといった感じです。新品の電池を頼まないといけないなあと思っていますが、今の使い方であれば毎日夜に充電しておけばなんとかなるかもと思います。

OSはWindows Phone 7.5から速攻で7.8に上げました。lenovo G570に Zune ソフトウェアをインストールしてアップデートしました。7.8に上げる前にやっておかなくてはいけないことはGoogle アカウントの追加設定を行っておいて、Googleのアドレス帳と同期をすることです。7.8に上げてから追加設定をしてもメールの同期のみ可能となるように動作が変更されてしまうので、7.8に上げてからアドレス帳をなんとかしようと思っても少々大変になりますのでここがポイントです。

液晶のタップで反応が良すぎるというレビューもあったのですが、特に反応が良すぎるということもなく普通に使えています。また、ヌルヌル動くという評判はその通りです。今まで使ってきたAndroidマシンに比べても非常に気持ちよく動いてくれます。このレベルならストレスなく使えるなと思いました。

防水防塵で日常使いに適している通話用のケータイとしてIS12Tは使っていくつもりです。通常は3Gはきっておき、通話とCメールだけを使います。キャリアメールはIS12Tに届くとCメールで通知してくれますから、Cメール通知がきたら、キャリアメールを転送している先のiPhone5で確認します。返事がすぐ必要ならIS12Tで返事をうち、送信時のみ3Gをオンするようにします。これで今まで使っていたケータイと同じくらいの使用料金ですみます。無駄にパケット料金を払いたくないので極力Wi-Fi使用でいきます。

2年前の端末とは思えないくらい、よく出来た端末ではないかと思います。空き容量も28GBほどありますから、音楽プレーヤー、動画プレーヤー、デジタルカメラとしても十分使えます。電話がついたデジタルプレーヤーと考えてもいいかもしれません。

お試しに買ってみたIS12Tですが、思ったよりも端末の完成度が高いので気に入ったというのが本音です。おまけにWindows Phone 7.8が意外に面白く、使いやすいのもビックリです。もっとダメダメ感があるのかと思っていたのですが、気が利いている個所もたくさんあり、携帯電話のOSとしてはいいんではないかと思い始めています。

IS12TはWindows Phone 7.8で打ち止めなのでWindows Phone 8も使ってみたくなってきました。Nokiaの最安機Lumia520が17000円ほどなので、これを手に入れて格安SIMで運用実験をしてみたいなあという気になっています。さてさてどうすることやら。

Nokia Lumia 520 (Yellow イエロー)SIMフリー【並行輸入品】
Nokia Lumia
売り上げランキング: 14,239

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

岡山県在住のフリーランス。「2480GADGET(ニーヨンハチマルガジェット)」で日頃使っているMacやiPhoneの情報、気になるガジェットのことなどを書いています。更新情報はTwitterでもお知らせします。
※Mac,iOS,ガジェットに関する執筆等のご依頼はTwitter DMでお願いします。

目次