iMovieを使ってMacBook Airで作る予告編ムービーは手軽で楽しいものなのです

iMovieを使ってMacBook Airで作る予告編ムービーは手軽で楽しいものなのです

さてと、MacBook Airの中のアプリケーションにiMovieが入っています。動画編集に役に立つアプリなのですが、僕が一時期凝ったのがiMovieを使って予告編ムービーを作ることです。

この前、次男の体育祭があって、その様子を動画で撮っていたので、その動画をiMovieを使って予告編を作ることにしました。

予告編を作るのは非常に簡単です。
■ファイルで新規プロジェクトを選択します。
■映画予告編の中の気に入ったテンプレートを選択します。
■絵コンテの所定の個所に下のムービーをドラッグ&ドロップします。
■これを最後の個所まで繰り返して入れていきます。
■アウトラインの個所でクレジット等を変更していきます。
201307222
※好きなテンプレートを選びましょう

201307223
※15パターンあります

201307225
※動画を埋め込んでいきます

201307224
※クレジットを入れてそれっぽくしましょう

これで完成です。できばえは上部バーの下にある再生ボタンを押すと再生されますから、確認がすぐに出来ます。修正したい個所があればクリップをはりかえていきます。

予告編ムービーは50秒弱です。テンプレートをスポーツにして作ってみたのですが、48秒でした。テンプレートは
☆アクション  ☆アドベンチャー   ☆スパイ
☆スポーツ   ☆ドキュメンタリー  ☆ブロックバスター
☆フィルムノアール  ☆ペット    ☆ホリデー
☆ラブストーリー ☆ロマンチックコメディー ☆友情
☆旅行     ☆英雄ドラマ     ☆超常現象

の15パターンあります。このテンプレートを使うと非常に手軽に、でも意外と面白いものができます。音楽とパターンを細かく設定したい場合は、テンプレートを予告編ではなくテーマなしを選択して構成を考えながらクリップを貼りこんでいき音楽も選択し動画とあわせていくという作業をしてもいいと思います。

そんなに本格的なものでなくていいけど、面白い動画を作りたいなあという時にはiMac、Mac mini、MacBook、MacBook AirのiMovieの予告編ムービーで楽しんでみてください。iOSのiMovieでも予告編を作ることが出来ますから、画面サイズがiPhoneより大きなiPad miniやiPadでつくるのも手軽でいいかもしれませんね。最初にこの予告編ムービを作った時は面白くて次から次へとテンプレートを試してみました。楽しいですよ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

岡山県在住のフリーランス。「2480GADGET(ニーヨンハチマルガジェット)」で日頃使っているMacやiPhoneの情報、気になるガジェットのことなどを書いています。更新情報はTwitterでもお知らせします。
※Mac,iOS,ガジェットに関する執筆等のご依頼はTwitter DMでお願いします。

コメント

コメント一覧 (1件)

目次
閉じる