MacBook Airにハードシェルケースをつけるまでが一苦労です

Mac

今日夕方Amazonに頼んでいたハードシェルケースが届きました。先程なんとか装着成功。

値段も安かったので、バリ等はあって当然と思っていたのでその点はヤスリで削れば問題ないのですが、今回のケースは少々困ったことに。

それは、ボディの下に装着するケース部分のヒンジとケースが干渉してうまく開きません。ヒンジ側から装着していってはめると液晶は開くのですが、前の部分がカチッとはまらない。前をはめるとヒンジ部がうまくはまらないと。

しょうがないのでヒンジ部分横のケースを削って削ってヤスリをかけて厚みを薄くしていきました。何回かはめてみて、調整をとりながら削っていきます。結局ひっかける部分のパーツの半分を削り、厚みも半分近くまで薄くして干渉しないように加工完了です。
IMG_0646
2013版のMacBook Airには対応していないのでマイクの部分もふさいでしまいます。これは錐等で穴をそのうちあけないといけないですねえ。
IMG_0647
ある程度加工は必要かもとは思っていましたが、予想以上に時間がかかってしまいました。でも、なんとかMacBook Airにぴったりとはまるようになったのでよしとしましょう。

この記事を書いた人
ニシヤマ@2480_G

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014を使っています。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを中心に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

ニシヤマ@2480_Gをフォローする