「キケン」懐かしの大学生活

読書

親元を離れて一人暮らしをする学生生活4年間は自分中心に生活をすることができる非常に貴重な期間だ。一人暮らしならだれも文句をいうものはいない。僕の大学生活はこれまた個性的な友達や先輩たち後輩たちのおかげで相当楽しいものであった。もちろん約30年前の話なので携帯電話などあるはずもなく、パソコンなどもなかった時代だ。音楽はレコードからCDに移行している時期であり、ゲームはファミコンが全盛の時だった。夜を徹してドラクエ攻略に燃えていた。

僕が4年間所属したサークルは非常にマイナーであり、かつネーミングから想像すると部室のドアをできれば開けたくない部類に属するのだけれど、男子部員のほとんどが自動2輪を所有していたことから、実体はツーリング倶楽部といってよいサークルだった。看板に偽り有り。サークル名とは全く関係ない活動が多かった。

そんなサークルなので男子女子ともに非常に個性的なメンバーが多かった。特に先輩はハチャメチャで破天荒であり、この人たちは大丈夫なんだろうかとこちらが心配するほどだった。しかし、しっかりと卒業後仕事に就きそれなりにやっている。

密度の濃い大学生活を卒業して就職したその年は学園祭に顔を出したが、それ以降は大学には足を運んでいなかった。
IMG_0625
「キケン」読了。

久々に大学時代のことを詳細に思い出した。29年前と同じ校舎、サークル会館でわいわいがやがや学生たちはすごしているのだろうか。大学の正門をくぐりたくなった。

キケン (新潮文庫)
キケン (新潮文庫)

posted with amazlet at 13.07.03
有川 浩
新潮社 (2013-06-26)
売り上げランキング: 91
この記事を書いた人
ニシヤマ@2480_G

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014を使っています。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを中心に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

ニシヤマ@2480_Gをフォローする