Macで動く2Dアニメーション作成アプリPencilをOS X10.8で動かすまで

我が家の次男坊は中3なのですが、物心ついた時から絵を描くのが大好きで、今や趣味というよりもライフワークのように修行にはげんでいます。

今日は墨汁を使ってデッサンしているのですが、ペン先の違ったものが欲しいということで、それ系が充実している文房具店に行き、ペン先を数本買って帰宅したところです。

なにやらGペン、丸ペン、カブラペンを買ったということで、今「ペン先をあぶらないと油がとれないんだよね」といいながらライターであぶっています。

今はタブレットを使ってMacで描くよりも紙に描くようにしているらしいのですが、Macで描く頻度が一時期よりも落ちたのはPencilが
OS X Mountain Lionではうまく動かなくなったのも原因のようです。次男には以前私が使っていたiMac2009を貸与しています。そのiMacで前から、動かなくなったといっていて、何とかしないとなあと思っていたのですが、のびのびになってしまっていたのです。

Pencilとはどのようなアプリケーションかというと「ペンタブレット等を使って線画を中心とした2Dアニメーションを作成できるソフト」です。パラパラマンガを作るようにアニメを作成するアプリケーションということですが、これが使いやすいらしいのです。

しかし、Pencilの現バージョンが0.4.4b。このバージョンがOS X Mountain Lionではうまく動かないのです。描いた線が表示されないという致命的な問題点があって、全くこれでは使えないのです。

同じようなアプリでWindows用のEasyToonというアプリがあるのですが、これをWineBottlerを使ってMacで動かすということをしてここ最近はしのいでいたのですが、やはりPencilの方がツールとしてよいと言うのですね。

Pencil2の開発も行われているということもあるのですが、現Pencilの新しいバージョンがないかと試しに「Pencil 0.5b」で検索してみると
Pencil v0.5 Beta [Archive] – Animation Forum
にいきなりヒット。

しかし、ダウンロード先にはたどりつけず。

今度は「pencil 0.5b download」で検索するとPencil のForum内にダウンロードリンクを見つけました。

PencilはMac、Windows、Linux用があります。Mac版をダウンロードしてiMacにインストールしてみます。そして起動!

次男坊に使ってもらうと
「問題なし!」
ということで、なんとかMac OS X10.8で動かすことができました。しばらく使ってみて不具合がないかを確認して、問題なければこれで作品を作るそうです。

フリーの2Dアニメーション作成アプリは少ないですから、地道なバージョンアップを願います。

PENCIL v0.5 BETA DOWNLOAD LIST

アニメスタイル003 (メディアパルムック)
メディア・パル (2013-03-27)
売り上げランキング: 1,792
この記事を書いた人
ニシヤマ@2480_G

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014を使っています。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを中心に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

ニシヤマ@2480_Gをフォローする