2480GADGET:コスパよし!気になるガジェットやWebサービスの情報を追いかけます

iPhone5とiPad mini日常使用の比率はどっちが高い?

iPad miniを購入したのが昨年の11月2日。
iPhone5を購入したのが12月7日。
iPad miniは使用期間は6か月ちょい。iPhone5は5ヶ月ちょい。
どちら方をよく使っているかというと、iPad miniですねえ。

もちろんiPhone5はポケットに入っていますから、持って歩いている比率はiPhone5なのですが、実際に使う時間はiPad miniの方が長いでしょう。

どうしてiPad miniの方を使うのか?
それはもうこのサイズが絶妙だからというしかないでしょう。

小さな画面を長時間見るのはつらいお年頃です。INFOBAR C01の3.2インチに比べるとiPhone5の4インチは大きく見やすいですが、隣にiPad miniがあればiPad miniで用事を済ませます。

iPhone5とiPad miniには共通のアプリを入れていることと、データは出来るだけiCloudかDropbox、evernote上で完結出来るようにしています。iOSデバイスとMacであればどのマシンでもデータを使えるというこの環境を構築してしまうと、より快適に使うことのできるマシンを使うのは当然ということになります。

仕事をしている時はMac miniの前か、近くにいることが多いので、Mac miniを使います。それ以外の所にいる時は出来るだけiPad miniを携行するようにしています。ポケットの中にはiPhone5とC01を入れています。iPad miniをネットにつなぐ必要があれば、iPhone5のインターネット共有をオンにしてWi-FiかBluetoothでiPhone5を経由してネットにつなげます。

カレンダー、連絡先の管理もiPad miniで、ネットもiPad mini。メールの送信はC01かMac miniで処理するので受信だけはiPad mini。Mac miniの前にいない時のブログの更新はiPad mini。行動記録もiPad mini。本当にiPad miniがないと困るくらい毎日持ち歩いて使っていますね。

もしかしてiPad miniはセルラーモデルを購入した方が良かったのかもしれないと今は思っています。次期iPad miniを購入する時はセルラーモデルも候補にあげておこうと思っているのでした。


ニシヤマ@2480_G
この記事を書いた人
岡山県在住のフリーランス。「2480GADGET(ニーヨンハチマルガジェット)」で日頃使っているMacやiPhoneの情報、気になるガジェットのことなどを書いています。更新情報はTwitterでもお知らせします。
SNSでフォローする