SwitchEasy Colors for iPhone 5 Milkを買ってみた

iPhone


 今までセリアの格安TPUケースをiPhone5につけていたけれど、ここらでもっとしっかりと保護してくれるケースを購入することにしました。というのも昨日高松市の商店街を歩いていて、地下にあるとある雑貨屋さんによってみるとおなじみのSwitchEasy ColorsのiPhone5版とiPhone4S版が各種あるのを発見したからです。SwitchEasy Colorsはあちこちで売られているのですが、まあ、ここで発見したのも何かの縁でしょう。価格もAmazonと大差ないので奥さんのiPhone4S用と一緒に自分のiPhone5用も購入したのでした。

 装着するとこんな感じ。シリコン素材ですが、そんなに引っかかる感じではありません。かちっとしているのですぐのびるという心配もないのです。さすがに1年酷使すると少しのび気味になるのですが、のびたら違う色に買い替えるくらいの気持ちでいるといいでしょう。(iPhone4で使っていたオレンジ色のSwitchEasy Colorsはちょっとのびていますから)

 SwitchEasy Colorsといえばイヤホンジャックプロテクターとコネクタプロテクターが各2個付属、それに帯電防止加工スクリーン保護フィルムが2枚ついてくるというこれだけでいいよフルセットです。iPhone5のイヤホンジャックプロテクターとコネクタプロテクターは一体型になりました。

これならイヤホンジャックプロテクターをなくす心配は軽減しますよ。

 iPhone5がホワイトなのでSwitchEasy ColorsのMIlkとよくあうのです。カメラ周りはフラッシュ使用時でもOKなようにブラックの縁になっています。ボリュームボタンとon/offボタンもホームボタンと同色のジェリーコーティングがされています。ホームボタンが押しやすくなるのはSwitchEasy Colorsならでは。

 シリコン素材がOKな方にはおすすめのケースです。液晶保護シートは光沢タイプだったので、私はセリアのマット調のものをそのまま使っていますからどんな感じかは今回はわかりませんが、レビューを読んでみるとそんなに悪くないようです。私は予備としてとっておきます。

 全身保護にはSwitchEasy Colors。しばらくケースは購入しなくてよいかなと思わせる出来です。

この記事を書いた人
ニシヤマ@2480_G

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014を使っています。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを中心に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

ニシヤマ@2480_Gをフォローする