iPhone,iPad,Macや便利なデジタルガジェット、Webサービスなどの情報をお届けします。

iPad miniが発表に!どうする自分!?


ついに発表されたiPad mini。大きさとスペックは各方面でもう皆さん周知のことと思いますのでここでは割愛。

液晶は7.9インチで、iPadよりも2インチ小さくなっています。もっと小さいサイズをイメージしていたので、個人的にはちょっと大きいかなあという印象です。ジャスト7インチにしてよりコンパクトになっていればよかったのにとも思います。

重量は308gから312g。iPadの約半分の重さになりました。この重量だと毎日持ち歩く気になりますね。ケースに入れたとしても400gほど。ポメラのDM100が399g(電池含まず)なので、このくらいの重量なんだなあとポメラを持ちながら考えています。これならば、カバンの中にいれても問題なし。

価格は28,800円から55,800円まで。3G 64GBのモデルで55,800円ですからね、お求めやすいのです。iPhone5と比べても随分と安くなっています。今使っているのが初代iPadの3Gモデル 32GBなので、これを置き換えるとなるとiPad mini 3Gモデル 32GB 47,800円です。3Gモデルでなければ Wi-Fi 32GBモデルで36,800円になりますね。16GBは流石に容量が少ないのでiPad miniならば32GB以上はいりますね。

もしもiPad miniを導入するとしたらこのような形にしようかと思っています。

iPhone4SをG’zOne type-xにチェンジしてプランをEシンプル/プランE〈「ISフラット」併用なし〉に変更し、毎月のコストを3000円ほど浮かす。休眠状態のHTC EVO WiMAX ISW11HTを復活させて、料金プランをプランF (IS) シンプル/プランF (IS)に変更してモバイルルーターとして使う。

iPhone4Sは売却。いつもお世話になっているソフマップの買い取り価格はiPhone 4S 16GB(BK) au MD236J/A で17,000円。iPad mini Wi-Fi 32GBモデルが36,800円なので実質20,000円程の出費で手に入ることになるのですねえ。iPhone4SからG’zOne type-xに移行するためにはSIMカードのサイズが違うので再発行しないといけないので2,100円手数料がかかる模様。

しかし、iPad miniを購入して外出時に使うのか?ということを自問自答しているのですが、外出時に使うのであればMacBook Airを購入してHTC EVO WiMAX ISW11HTをルーターとして使った方が効率がいいのではないとか、いうところをぐるぐると回っております。

どうしようかなあ。MacBook Airも6万円台になっているし。今月の28日ぐらいには結論をださないと。HTC EVO WiMAX ISW11HTをルーターとして11月から使うのであればプランの変更をしないといけないからです。悩むなあ。

気になるものを探そう!
この記事を書いた人
岡山県在住のフリーランス。「2480GADGET(ニーヨンハチマルガジェット)」で日頃使っているMacやiPhoneの情報、気になるガジェットのことなどを書いています。更新情報はTwitterでもお知らせします。 ※Mac,iOS,ガジェットに関する執筆等のご依頼はTwitter DMでお願いします。
SNSでフォローする