楽しく日記を書こう!iPhoneでDay Oneを使って

Apple


2009年から行動記録を毎日書いています。予定はMacのカレンダーを使っているので、日々の出来事のメモとして記録しています。

Mac miniではテキストエディタのmiを、iPadとiPhoneではNebulousを、WindowsではMKEditorを使って行動記録を書いています。データはDropbox上に置いてあるので、どのマシンからでもアクセス出来て書きたいときに書ける環境です。

しかし、使っているアプリがエディタなのでもっと楽しく行動記録ができるアプリがないかと以前から思っていました。

そんなときにこのアプリを見つけました。

Day One – Journal
開発: Bloom Built, LLC

日記をつけるためのアプリです。

iPhoneとiPadで使うことができます。Mac用のアプリもあるので、Mac、iPhone、iPadとシームレスに使うことができます。

立ち上げるとこんな感じです。

iPhone用のメニューにはタイムラインとフォト、カレンダーなどが表示されます。タイムラインでは右側に日付、左側にメモした内容が表示されます。メモを見たい時にはその箇所をタップすると表示され、編集したい時はEditをタップすれば編集することができます。

メモを取るとき、位置情報をオンにしておくと、そのメモを書いている場所、そして天気気温も記録されます。これが便利です。メモをとっているときに写真を貼りこむこともできます。その場でカメラでパシャリでもOKだし、写真のライブラリやカメラロールから貼ることもできます。タイムラインを表示させていると左に写真真、中にメモ本文、右に日付が表示されます。写真データがメモと一緒に見ることができるというのがいいんですねえ。メモを見ていて楽しくなります。

使い方としては、基本的に日付つきのメモツールという感じなので、1日に何個も新規メモをとってもOKですし、1つのメモにどんどん上書きをして書いていくということもできます。私は1日1つのメモにして、書くことがあればその都度Editをタップして書いていくようにしています。行動記録なのでこの方法があっているように思うのです。

メモということであれば、1日のわくにとらわれずにドンドンと新規メモを追加していけばよいと思います。使い方はまだまだ工夫ができそうです。

データはiCloud、またはDropboxかを選択して保存します。エバーノートに書き出すことができれば、バックアップがより強固になるのですが、今のところEvernoteに送ることはできません。メールに送る、Twitterに送る、Foursquareとの連携はできるようです。

今のところは1日のメモをテキストコピーして、今までの行動記録に追加するようにしています。Dropbox内にあるDay oneのデータコピーをのとっておいてもいいと思います。Dropbox内にAppsフォルダが作成されますので、その中に同期元のデータがあります。

使っていて楽しい日記的なメモアプリ。お値段が少々するのですが、私は買ってよかったと思っています。
只今絶賛使用中です。Mac用のアプリも購入してしまいました。


Day One

この記事を書いた人
ニシヤマ@BinGoTkTk

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014を使っています。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを中心に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

ニシヤマ@BinGoTkTkをフォローする