Apple製品やその他気になるガジェットの情報をピックアップ

iPhone5の実機を触ってきた


今日は外出していて今しがた帰宅。「死と彼女とぼく」は1店舗目の本屋では見つからず、2店舗目の本屋では「死と彼女とぼく」ではなく「死と彼女とぼく めぐる」があったので試しに買ってみた次男坊。あわせて!(ビックリマーク)も買ってみると言いながらレジに向かっていた。ホラーの世界にハマっているのか?そういえば大学の夏休みで帰っていた長男坊は私の本棚の八つ墓村と陰陽師(夢枕 獏)を借りていくねと言って持って行ってしまった。大丈夫か、息子たち、父と同じ嗜好になっているぞ!

とまあ、本屋などをめぐる休日だったのですが、iPhoneを扱っているお店を見てみると、予約なしで契約しようと思うのが間違いであるということがよくわかりました。田舎であってもないものはないのです。

でも、各店舗にはiPhone5の実機がもうちゃんと店頭に並べられていて触れるようになっています。ブラックとホワイトの2台の実機があったのはヤマダ電機でした。SoftBank版iPhone5です。auのiPhone5は黒のみの展示でした。早速触ってみました。

液晶画面が4インチになったため縦長になっていますが、そんなに大きくなったという感じはしません。幅が変わらないので持ちやすさは変わらず。薄さは確かに薄くなっています。デモ機には後ろに盗難防止の装置がつけられていたので、軽さを感じることはできませんでした。

動きは非常にスムーズです。iPhone4Sよりもキビキビしているようです。気持ちのよい速さです。画面は相変わらず綺麗ですね。横画面にして見るカーズは迫力がありました。

ブラックの側面の塗装が剥げやすいということでしたが、この部分ならものにぶつかったりこすったりすると剥げるかもとおもいます。ホワイトはブラックと違いもともとその部分はシルバーなので、ホワイトなら大丈夫でしょう。

デザイン的には今までのiPhoneと同じようにモノとしての所有する喜びを感じることができる端末だと思います。

さて、iPhone4Sを機種変更するか、そのために予約をするか?

昨日の発売開始から購入者の皆さんのレビューを読んでいると、よしっMNPだあ!と密かに一人盛り上がっていたのですが、実機を見て触ってみて「うん、これはもう少し待ってみよう」という結論にやはりなりました。

各キャンペーンの締切が最初にくるのは11月30日なので、そのあたりになっていれば、そろそろ店頭でもすんなりと契約ができるようになっているのではないかと希望的観測で思っているので、10月いっぱいは様子見をしようと今日今現在は思っています(^^;

iOS 6も少々荒削りの部分がまだあるので、もうちょっとしないと安定しないかもしれません。iPhone5も初期ロットだなあと思う端末にあたってしまった方のレビューも目に入ります。MacもそうですがPDAも初期ロットには気をつけるようにという教訓?があったなあと。

実機を触ってみて思ったことは、iPhone4のユーザーの方は、進化したSeriなどiPhone4をiOS 6にアップデートしただけでは味わえない機能もありますから、iPhone5どうしようかなあと迷っているなら機種変更したほうが幸せになれそうな気がします。iPhone4Sを現在使っている方は、そのままiPhone4Sを使いつづけ、来年のiPhone5S?で機種変更するという作戦にでてもいいのではないかと思います。iPhone4Sもバランスのとれた良い端末だと思うのです。

それにしてもiPhone5の注目度は高いです。デモ機に前には人が切れることはないですし、年齢も若い方からご年配の男性女性とどんどん操作していました。iPhone4Sも併売されているので、iPhone4SのMNPであればキャッシュバックや商品券がつくといった特典もありました。iPhoneの勢いが感じられる週末でした。

とにかく、iPhone5の購入、機種変更を迷っている方は店舗で実機を触ってみてどうするかを決定されることをおすすめします。

 

★RSSフィード配信中です。よろしければここをクリックでご登録お願いします。

 

ニシヤマ@2480_G
この記事を書いた人
岡山県在住のフリーランス。「2480GADGET(ニーヨンハチマルガジェット)」で日頃使っているMacやiPhoneの情報、気になるガジェットのことなどを書いています。更新情報はTwitterでもお知らせします。
SNSでフォローする