iPadをモバイルの中心に・・・でも

またポメラDM100の話題で恐縮ですが、今日もポメラです。
DM100でとりあえずテキスト入力をする。そのテキストを他のガジェットに転送する。加工する。ネットにアップする。
具体的にいうとこのブログの下書きをDM100で書く→iPadに送る→iPadで加工する→ココログにアップ
ということをDM100とiPadで完結したいなあと考えた。どうしてiPadか、それはMacBook Airより軽量でバッテリーの持続時間が長いから。外出時に使うマシンとしてはiPadがベストではないか。それならば、iPadにDM100のデータを送る方法を考えないといけない。これが出来れば私のiPadは3G回線が使えるのでいろいろと便利だろう。


しかし今使っているiPadは初代モデル。カメラがないのである。カメラが搭載されているiPad2であればいとも簡単にQRコードを使ってデータを転送出来る。カメラがないので、手段としてはBluetoothでのデータ転送となる。
でも、iPad、iPhone、iPodtouchにはファイル転送が出来ない。じゃあ、どうすればいいのか。
iPhoneを経由させてiPadにDM100で作成したテキストデータを送ればいいのでは?と考えた。そうすると、EVO WiMAXがない場合でも外出時DM100で入力した多量の文章も利用できる。
まあ、冷静に考えればEVO WiMAXのカメラでQRコードを読みとり、これをDropboxかEvernoteにアップして、そこからiPadに読み込んで大きな画面で編集すればいいのだけれど、それは今回は考えないこととする。
一見無駄なように見えるものも何か意味がある場合があるのだ。うん。
とにかく、DM100のデータをiPhoneにQRコードに読み込んでそこからiPadに送りたい。それもWi-FiではなくBluetoothを使ってだ。
早速アプリを探すことにする。
(これがなかなか難航したのだなあ。長くなったので続きはまた明日!)

この記事を書いた人
ニシヤマ@BinGoTkTk

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014を使っています。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを中心に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

ニシヤマ@BinGoTkTkをフォローする