au「Windows Phone IS12T」を8月25日に発売‎

この記事は約2分で読めます。

Windows Phone IS12Tがauから発売されます。
Windows Phone 7.5スマートフォン「Windows Phone IS12T」、8月25日から順次発売
【連載・日高彰のスマートフォン事情】“オフィス”よりも“ソーシャル”を重視した「Windows Phone 7」(前編)
写真で解説する「Windows Phone IS12T」(ソフトウェア編)
写真で解説する「Windows Phone IS12T」(外観編)
早い発売となりましたね。毎月割の割引額は月額1600円 (税込)、24か月使用し続けた場合の総額は3万8400円 (税込)の割引が受けられることになります。実質3万円代後半ということらしいですね。
この機種は
『この“速く魅せる”グラフィックはiPhoneやAndroidにはない魅力であり、田中社長の「じわじわ気持ちよくなる」という言葉にもうなづける。まったく新しいUIとなって生まれ変わったWindows Phone 7.5、そしてIS12Tがどこまで日本で支持されるか、注目したい。』
写真で解説する「Windows Phone IS12T」(ソフトウェア編) (3/3)から引用)
ということなので、ちょっと興味があります。比較的軽量ということとIPX5/IPX8・IP5Xの防水・防塵に対応しているところも魅力です。UIがどうなのか、AndroidとiPhoneとどう違うのか、どう差別化するのかが気になるところではあります。

この記事を書いた人
ニシヤマ@2480_G

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014を使っています。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを中心に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

ニシヤマ@2480_Gをフォローする