Dropbox試用開始

ネタフルさん経由で知ったこのサービス。
Dropbox
なんでこのサービスを試そうと思ったのかというと、いろいろなマシンでファイルを共有し、なおかついろいろなガジェットで最新のデータをもとに編集作業ができる便利さをEvernoteで体験したからです。
そんなときに目に留まったDropboxの記事。これならば今以上に便利にMacBookとiPhoneでデータを共有することができると感じました。


iPhoneの場合は他のスマートフォンやPDAとは違い、メモリーカード経由でデータをやり取りすることができません。iTunensで同期できるデータはカレンダー、アドレス、写真等限られているのです。ファイルの同期はとれません。
iPhoneを使い始めたときはビューワーに徹してと思っていましたが、Evernoteを使い始めると、iPhoneでもテキストファイルの作成、変更が可能になり、なおかつ最新の更新データをMac上でもリアルタイムに確認ができるってなんて便利と思います。
そう考えると欲がでます。Mac上の他のファイルもiPhoneで確認できたら、見たい書類をいちいちメールで送信して添付書類と参照するという面倒臭さから解放されます。
それを可能にするのがDropboxです。
Dropboxについてはこちらのサイトを参考にしてください。
ファイルの同期・共有・バックアップに使えるオンラインストレージ「Dropbox」(できるネット+ 編集部ブログ)

特別な操作は不要。バックアップ、履歴管理、同期、共有が簡単にできる
その特長は、最初にソフトのインストールとアカウントのセットアップを済ませておけば、後はいっさい特別な操作をしなくてもDropboxが管理する「My Dropbox」内のフォルダ・ファイルを自動的にサーバーと同期してくれること。
同期は非常に高速で、Windowsマシンで保存した画像が数秒後にはMacの「My Dropbox」にも同期します。そしてMacの画像編集ソフトで加工すれば、またWindowsマシンともすぐに同期され、今度はWindowsマシン上でWordの文書に貼り込む、といった使い方も可能です。

iPhoneからもファイルの閲覧が可能になるので、PDF, Office文書を参照したい場合は非常に強力なサービスになりそうです。
今のところテスト運用ですが、MacBookで必要な書類をPDF化したものを別フォルダに集めて、それをDropboxのフォルダにコピーしておく→外出時に確認したい場合にはiPhoneでアクセスということが可能ではないかと。
懸念材料は1つだけ。
先日Evernoteのサーバーがメンテナンスということで数時間Evernoteにアクセスができないことがありました。その時はiPhoneからテキスト編集をしようと思っていたので、少々慌てました。
ネット上にデータをおくということはこのような不意のトラブルも想定しておかなければならないので、そのあたりも考えながら運用しなければいけません。
とはいうものの、このようなすばらしいサービスが無料とは本当に助かります。

この記事を書いた人
ニシヤマ@BinGoTkTk

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014を使っています。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを中心に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

ニシヤマ@BinGoTkTkをフォローする