iPhoneを手に入れるべきか考えてみる(ランニングコスト面)

iPhoneが欲しいなあ、でもランニングコストがなあ、追加投資8000円はいたいなあと考えて、iPhone入手を当面見送ることにしたのですが、いろいろな記事や自分の使い方や、Apple製品の中で今後重要な位置を占めそうなことなどを考えるとやはり手に入れたいなあ、と思うようになってきました。もちろん無条件でAppleの製品だから使ってみたいという気持ちが一番なのですが(^^;
前エントリーで家族丸ごとソフトバンク移動計画が難しくなったことを書きました。そこで考えた方法は
1、自分だけauからMNPを使ってソフトバンク(iPhone)に移動する。
2、ソフトバンク(iPhone)回線を新たに契約する。
の2つです。まあ、この2つしか選択肢がないのですが。
W61CAからiPhoneに鞍替えする方法が実は一番経費がかからずいいのですが、不安なことがなきにしもあらず。


ソフトバンクでiPhoneを契約するときにMNPでの新規契約が可能なのかという点。これは先日ソフトバンクのショップにいってMNPでも契約できますか?と尋ねたら「できますよ」という答えをいただいたのですが、どうでしょう。
また、メイン回線をiPhoneにした場合、なにかiPhoneにおこった場合、仕事上支障がでる点。7/11に初めて3G版が発売されるので、何がおこっても不思議ではないと思っています。漢字talk、MacOS 7.x時代はSadMacがでたとしてもこんなもんだなと思っていたのですが、OS Xになって落ちること固まることも本当に稀になってきました。しかし、ハード的な部分では過去PB150,PB190,iBookG3,iBookG4と購入後1年以内にすべて1回はAppleに修理を依頼しています。iPhoneの場合はどうでしょう。
ですから保険的な意味でW61CAを仕事用端末として温存し、iPhoneをネットアクセスその他、電話以外の役割を担ってもらうというのが一番いいような気がします。
さて、ランニングコストのことです。
iPhoneを契約する場合
Phone 8GBモデル実質支払額
980円
ホワイトプラン(i)基本使用料
980円
パケット定額フル 定額料
5,985円
S!ベーシックパック(i)基本料
315円

8,260円/月
が必要です。この金額だけを見ると2年間で約20万かかるというのは現実ですけど、PCサイトビューアーを利用して定額上限までauで使う場合も同じくらいかかるわけで、冷静に考えると妥当な金額だと思います。(WILLCOM並みに定額料が3880円くらいだとよりうれしかったのですがね)
それではコストを下げるにはどうすればいいのか?iPhone自体はこれ以上コストは下がらないので、他の通信手段のコストを下げることを考えましょう。
auのW61CAは現在プランSSにダブル定額のオプションをつけています。アドエスは新つなぎ放題3880円です。
iPhone契約後、W61CAのダブル定額は外します。2100円コストダウン。
アドエスは新つなぎ放題からウイルコム定額プランへ変更で980円コストダウン。
合計3080円が浮く計算になります。
私の場合、これでiPhoneは実質5180円のコストアップで契約できるようになります。
このくらいであれば許容範囲?
なんだか契約する気満々になってきました(^^;

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

岡山県在住のフリーランス。「2480GADGET(ニーヨンハチマルガジェット)」で日頃使っているMacやiPhoneの情報、気になるガジェットのことなどを書いています。更新情報はTwitterでもお知らせします。
※Mac,iOS,ガジェットに関する執筆等のご依頼はTwitter DMでお願いします。

コメント

コメントする

目次