iPod nano(3G)を使い始める

iPodはシャッフルを持っています。それも初代のモデルで512MBのシャッフルです。非常に小さく軽いので、気ままに持ち歩いて音楽を聞くことができて重宝していたのですが、Podcastと動画をiPodで見たくなりました。
また、曲の選択や、今流れている曲がなんなのかを確認したくなってもシャッフルでは確認のしようがありません。その辺もあってiPodを購入することにしました。
iPod classicもいいのですが、そんなにメモリ(HD)の容量も必要ないし、何より軽くて持ち運びがしやすいもの、それでいて液晶画面があるというとnanoしかないのです。
今回はApple Storeの整備済整品を購入することにしました。以前から整備済製品でお得なnanoがあるのは知っていました。値段は11100円。新品との価格差が6000円。安いものは安いなりに、まあ、多少傷などがあってもいいかということで発注して先日手元に届きました。
080611115527


パッケージはホワイトのボックスで新品のパッケージではありませんし、説明書が付属していませんでした。それ以外は本体は傷もなくきれいな状態でした。USBケーブルの方に多少傷がついていたもののこのあたりは気になりません。
液晶内部に1カ所ほこりが混入していたのですが、これは新品でも起こりうること。気にしないことにします。
nano到着前にシリコンケースを購入していたので、早速液晶保護シートを貼って、ケースを装着。ケースを装着する前に本体を確認したとき、思いのほか質感が高いことに驚きました。Apple製品だなあと感じいります。
そしてiTunesと同期をして曲を転送。ついでにアドレスとiCalも同期。お気に入りのPodcastも同期して使う準備は万全です。
実際使ってみると、ホイールの感度がわりといいので、シリコンケースの上からでも意とする箇所にフォーカスをあてるのには慣れが必要なことと、メモのフォントサイズが相変わらず小さいので(極小といってもよい)長文を転送することができても長時間読むことは不可能だろうということぐらいが気になった点です。
正直いって少しだけiPod touchと迷ったのですが、今回はより小さなものをということでnanoにしました。今のところ満足しています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

岡山県在住のフリーランス。「2480GADGET(ニーヨンハチマルガジェット)」で日頃使っているMacやiPhoneの情報、気になるガジェットのことなどを書いています。更新情報はTwitterでもお知らせします。
※Mac,iOS,ガジェットに関する執筆等のご依頼はTwitter DMでお願いします。

コメント

コメントする

目次