安否確認アプリ「あんしん連絡先」と「Googleマップ」で家族の位置情報をiPhone,Androidで共有する方法

Android

ここ最近いろいろと事件や災害が起こっています。いつ何時なにが起こるかがわからない昨今、なにか起こったときに家族の位置が確認できれば安心です。位置情報共有サービスとしてメジャーなのがLife360やLINE HEREなどがあります。常時位置情報を共有するとなると行動がだだもれになるので共有する相手との双方承諾がい¥必要です。しかし、災害や事件の発生率の高さを考えると、家族の安否を確認できる位置情報サービスはとても心強いものとなるはずです。常に位置情報を追ってくれなくても、「帰りが遅いなあ、何かあったんじゃないか?」とかの場合にだけ、安全な状態に今いるのかを知らせてくれればいいのです。そんなときにGoogleの2つのアプリを使うといざというときに役に立つのです。それがGoogleの「あんしん連絡先」と「Googleマップ」です。iOS,Androidに対応しているのでiPhoneであってもAndroidスマホであっても利用可能な点がいいですね。

スポンサーリンク

Googleの安否確認アプリ「あんしん連絡先」とは?

Googleの安否確認アプリ「あんしん連絡先」とはこのようなものです。

「あんしん連絡先」は、あなたと大切な人とで情報を直接共有できる、個人の安否確認用アプリです。

• 家族や親しい友だちをあんしん連絡先として登録。
• あんしん連絡先の登録ユーザーに現在地のリクエストを許可。リクエストは拒否することもできますが、指定した時間内に応答できない場合は、最後に記録されたあなたの現在地が相手と自動的に共有されます(オフラインの場合やスマートフォンが電池切れの場合でも機能します)。
• 身の危険を感じたときや緊急事態に遭遇したときは、自ら現在地を発信。
• 後から現在地アラートを送信するようにスケジュールを設定。
• Google マップの現在地共有機能と統合されているため、指定した連絡先と現在地を常に共有し、Google マップで相手の現在地を確認可能。

「あんしん連絡先」アプリを使えば、オンラインでもオフラインでも、緊急時でも万が一に備えたいときでも、必要なときに大切な相手とつながることができます。

「あんしん連絡先」の使い方

「あんしん連絡先」の利点は常時位置情報を共有するのではなく、非常時だけ位置を確認することが出来るという点です。「あんしん連絡先」にお互いを登録しておくことで、何かがあったとき、位置を知りたいときにその相手に位置情報を共有して欲しいというリクエストを送り、相手が許可をすると最大24時間共有をすることができるようになります。リクエストをした段階で、拒否をすることもできるし、「現在地を共有」をタップした場合は即座に、何も反応しなかった場合は5分後(即時~1時間で設定可能)に位置情報が相手に送信される仕組みです。もしも、電源が切れていても、最後の位置情報の履歴から、電源がオフになった時点の位置がわかるようになります。

「あんしん連絡先」の設定は簡単です。複数のGoogleアカウントを持っている場合はどのアカウントを利用するかを選びます。

位置情報の利用を許可します。

その後に、共有したい相手を登録します。

位置情報を共有したい相手側にも「あんしん連絡先」をインストールしてもらっておけば、双方で位置情報のリクエストができます。位置情報をリクエストされた場合は拒否することもできるし、リクエストしたその瞬間から1時間の間の時間設定した時間がたっても反応がなければ強制的に位置情報が送られてくるように設定できるので、子どもさんや高齢の親御さんなどは即時に位置情報を送るようにしておくといいでしょう。

また、緊急時には登録した連絡先に一斉に「私は無事です。」や「助けが必要です。」などのメッセージと共に位置情報を数タップでおくこともできるので、「あんしん連絡先」は入れておきたいアプリなのです。

「あんしん連絡先」を使う上で気をつけることは?

「あんしん連絡先」は共有したい相手もこのアプリを入れていなければなりません。共有したい人同士でどう使うのかの確認を事前にしておいてから使う必要があります。細かな設定も可能なので、どのように位置を通知共有するかを確認して使いましょう。

あとはバッテリーの持続時間がどうなのかというところが気になると思います。iOS版は位置情報を常に許可にしておかないといけないので、Googleマップでロケーション履歴を取得しているときと同じくらいの消費量と想像できます。ロケーション履歴をオンにしていてもそんなにバッテリーの消費はありませんから、みるみるうちにバッテリーが減るということはないでしょう。

「あんしん連絡先」は相手の位置情報をリクエストできる、自分の場合はリクエストされるのが常時位置情報を共有するアプリとの違いです。リクエストされたときだけ位置情報を送信すればいいし、拒否もできます。また、反応がない場合の矯正位置情報送信の時間も設定ができるところも良い点です。

スポンサーリンク

「Googleマップ」で位置情報を共有する

同じGoogleのアプリGoogleマップを使って位置情報を共有することができます。設定は簡単です。

「Googleマップ」で位置情報を共有する方法

「Googleマップ」のメニューから「現在地の共有」を選択します。通知の設定をしていない場合は設定から通知をオンにしておきます。

「使ってみる」をタップします。

位置情報を共有する時間を設定して、共有する相手を選択します。

共有したい相手側に通知が届き、自分の位置を知らせることができます。相手が位置を送信されたURLを確認すると相手側のGoogleマップが開くので、そのときに相手側にも「現在地を共有」をオンにしてもらえばお互いの位置がわかるようになります。

「Googleマップ」の位置情報共有機能はどちらかというと待ち合わせ場所にたどり着くまでの位置の確認とか、迎えに来てもらうときの位置の確認等に使うのが良さそうです。常時共有するためには共有時間を「自分で無効にするまで」を選べばいいです。

スポンサーリンク

いざという時にそなえての「あんしん連絡先」と「Googleマップ」の位置情報共有機能

何か起こったときに自分の位置を知らせることもできるし、相手の位置をリクエストして大丈夫な状態かどうかもわかる「あんしん連絡先」。位置情報というプライバシーの部分に大きく踏み込むので使い方は熟知して設定をする必要がありますが、小さなお子さんがいる家族間で使うとか、高齢の親御さんと共有するなど、こんな時代だからこそインストールして設定をしておけば、いざという時に安心なアプリであることは間違いありません。

Androidに加えて、iOS版もリリースされたので、試しに使ってみてはいかがでしょう。メールアドレスからの登録のほか、電話番号(SMS)でも登録が出来るようになりました。

「Googleマップ」の位置情報共有は時間制限をつけて友達や家族との待ち合わせで使うのがあっていると思います。とりあえず2つのアプリを入れておいて使い分けをするといいのではないでしょうか。ほんと、備えあれば憂いなしですから。

※位置情報共有アプリLife360のことも書いてます。

iPhone SEとg07とLife360-位置情報共有のメリット
何が起こるかわからない昨今。家族の状況は把握しておきたいものです。遠く離れた場所にいる社会人の子供と位置情報を共有するというのは許容できないでしょうから、LINEと電話で連絡がとれるようにしているとい...

■関連リンク
個人の安否確認アプリ「あんしん連絡先」で緊急時に備えましょう(Google Japan Blog)

iOS用「あんしん連絡先」
Android用「あんしん連絡先」

東京防災

東京防災

posted with amazlet at 18.06.18
東京都 (2016-03-30)