2018年秋 LCDバージョン6.1インチiPhoneはブルー・イエロー・ピンクになるという噂

iPhone

iPhone 5cはカラフルなボディに普通に使える性能をつめこんだiPhoneでした。廉価版という位置づけではありましたが、想像していた以上に高かったため、中途半端なiPhoneというものでした。しかし、実際に使ってみるとボディの質感が高く、ポップなカラーということもあり、個人的には好きなiPhoneでした。現在は手離してしまっているので現物はないのですが、iPhone 7くらいの性能でボディの素材だけiPhone 5cと同じもので価格をiPhone SE同等で出してくれれば面白いのになと思っていました。そしてそれが実現するかも、より進化して、という噂があがってきましたよ。

スポンサーリンク

6.1インチiPhoneはブルー・イエロー・ピンク?

この情報は9to5Macからです。2018年秋に発売されるエントリーバージョンとされるスクリーンがLCDのiPhoneの本体カラーがブルー・イエロー・ピンクの3色展開になるというものです。今年の秋の新型iPhoneは有機ELディスプレー(OLED)搭載のハイスペック版と従来の液晶を搭載した廉価版のiPhoneの2系統とされています。

廉価版の方がスクリーンサイズが大きく6.1インチであるということは以前より噂されていました。そして今回の噂がボディがiPhone 5cのようなカラフルなものになるということなのです。

Androidのスマホに比べてiPhoneは自社製品だけなので、複数のバージョンを出すのはメリットとデメリットがあります。ただ、iPhone SEのような価格をおさえたモデルは出して欲しいですし、それがカラフルでポップであるなら差別化もできていいのではないかと思います。

iPad miniの7.9インチサイズはこのままフェードアウトするでしょうから、その隙間を埋めるべく6.1インチのサイズのiPhoneを投入して、価格を実質販売価格を4万から5万円の間に設定するiPhoneができたなら、私は6.1インチにiPhone SEとiPad mini 3を置き換えてもいいと思います。このポップなカラーであれば。

しかし、これは噂の段階だし、他にも今月中にiPhone SE2が出るという情報もあるので、秋まではいろいろな情報で楽しめそうですね。とはいうもののこのカラフルな6.1インチiPhoneはぜひ実現させてほしいと思います。

SourceAnalyst speculates that this year’s LCD iPhone could come in blue, yellow and pink(9to5Mac)

iPhone 5c 16GB au [ピンク]
iPhone 5c 16GB au [ピンク]

posted with amazlet at 18.05.17
アップル
売り上げランキング: 259,615
スポンサーリンク
スポンサーリンク
iPhone
スポンサーリンク
2480GADGET