カラフルで子どものためのサービス「FreeTime on Alexa」が利用できる『Echo Dot Kids Edition』をAmazonが発表

Alexa

Amazonが子どもが利用することを前提にしたスマートスピーカー『Echo Dot Kids Edition』を発表しました。日本国内ではなく米Amazonの発表です。価格は80ドルなので少々お高いですが様々なサービスがついています。日本国内でどのくらいスマートスピーカーが普及しているかどうかはわからないのですが、小さな子どもの方がAmazon Echoのようなスマートスピーカーを利用できるのではないかと思うのです。複雑なことをしなくても、語りかければ答えてくれるのは最適ではないかと思うのです。教育関係でもスマートスピーカーが使えると考えていますが、その第一歩として子ども向けの『Echo Dot Kids Edition』はいいと思います。

スポンサーリンク

『Echo Dot Kids Edition』とは

『Echo Dot Kids Edition』の外見は赤、緑、青のカラフルなラバースリーブが装備されたモデルです。ポップなカラーリングが目を引きますね。

その他の機能はAmazon Echo Dotとかわりありません。

サービス的には子どもが使用することを考えて保証が1年間から2年間に伸びています。また、「Alex FreeTime on Alexa」という子供向けサービスが無料で利用できます。あと子ども向けコンテンツを提供する「FreeTime Unlimited」というサービスの1年間の会員権が付属していますよ。

スポンサーリンク

「Alex FreeTime on Alexa」というサービスとは

「Alex FreeTime on Alexa」という子供向けのサービスは各Echoにペアレンタルコントロールと家族向けの機能を無料で提供するようです。すでにEchoを持っている場合はFreeTimeを追加するだけで簡単にサービスを開始できます。

「Alex FreeTime on Alexa」の機能は以下のようなものです。

時間制限が可能
夜遅くにAlexaと話している子どもの就寝時間制限を設定することができます。また食事や宿題をする時間にEchoデバイスを一時停止することができます。

ペアレンタルコントロール
親のAlexaアプリを使用して、子供が使用できるサービスとスキルを選択したり、音声購入をオフにすることができます。これで勝手に買い物を子どもがするのを防ぐことができます。

アクティビティのレビュー
親がAlexaアクティビティで子供のFreeTimeを見たり、Alexaアプリでボイスレコーディングをレビューすることができます。

マジックワード
新しいマジックワード機能は、Alexaへの質問の中で子供が「Please(してください)」という言葉を使うとそれに応じてご褒美がもらえたりできるようです。言葉遣いのトレーニングが可能ということですね。

教育的Q&A
子供は、科学、数学、スペル、定義、または好奇心を刺激する他のトピックについてAlexaに質問することができます。Alexaはクラウド上で新しい情報を得て進化するので毎日最新の情報を答えることが出来ます。

家庭内での通信
子供たちを呼ぶのに叫ぶ必要がなくなります。AlexaのFreeTimeでは家庭内でのアナウンス、通話、メッセージング、ドロップインが可能になるからです。

このように教育的な仕様に『Echo Dot Kids Edition』はなっています。ただ、今Echo Dotを持っている場合は、サービスを使うことで『Echo Dot Kids Edition』と同じような使い方ができるので、サービスインが待ち遠しい方もおおいでしょうね。アメリカではすでに予約注文ができるようです。発送が5月9日。「FreeTime on Alexa」の利用も5月9日からです。ただし、日本国内では未発表。日本でも発売、そして「FreeTime on Alexa」の利用ができるようになってほしいですね。

参照Introducing Amazon FreeTime on Alexa—An All-New Alexa Experience Built from the Ground Up for Kids

Amazon Echo Dot (Newモデル)、ブラック
Amazon (2018-04-03)
売り上げランキング: 4