iPhoneでGmail や Google カレンダーを多用しているなら「Google ToDo リスト」アプリが便利です

App仕事効率化

私はカレンダーリマインダーはiCloud同期のMac、iOS純正アプリを使っています。でも、GoogleカレンダーやGmailがメインという方にとってはMacやiOSのリマインダーよりもGoogleの純正ToDoアプリの方が連携がきくので便利です。GoogleのToDoアプリがリリースされました。iOS版ともちろんAndroid版もあります。アプリの名前は「Google ToDo リスト」というものです。

スポンサーリンク

iPhoneにGoogle ToDo リストをインストールして使ってみよう

まずはダウンロードとインストールです。

「Google ToDo リスト」アプリのダウンロードはこちらから。

インストール後に起動してみます。

新しいタスクを追加してみます。「ラジオ英会話」と入力してみましょう。こんな感じになります。

期限をつけるときには作ったタスクをタップします。

「期限を追加」を選んで期日を入れておきましょう。

完成です。期日も入りました。

とてもシンプルなToDoリストです。サブタスクも追加できます。

スポンサーリンク

Gmailとの連携が強固なToDo リスト

他には、Gmail内のメールからタスクを直接作成できたり、Gmailのサイドパネルにタスクが表示されます。そして、タスクの作成元になったメールを追跡できちゃいます。コレ、すごいですね。Googleのサービスを日頃から使ってるのであればToDo リストを使いことによって、効率よくやるべきことを確認することができます。iPhoneでもAndroidスマホでも、MacでもPCでも端末を選ばずにToDoが確認できるのが強みです。

少し使ったみましたが、シンプルで使いやすいなあと感じました。「Google ToDo リスト」はGoogleメインの方はiPhoneに入れておくべきアプリです。

ダウンロードはこちら。