iPhoneの通知が待ち遠しい!3日間のメロスの行動を通知で追う『実時間小説 走れメロス』を入れてみた

Appブック

太宰治 著「走れメロス」は中学校の教科書にも掲載されているので広く知られている物語です。短編小説であり『処刑されるのを承知の上で友情を守ったメロスが、人の心を信じられない王に信頼することの尊さを悟らせる物語』なのです。現在は青空文庫で公開されているので、だれでも無料で読むことが出来ます。まだ「走れメロス」を読んだことがないなあというかたは一読されることをオススメします。そんな「走れメロス」を物語中で展開される実際の時間で小説が表示されていくという新しい形の電子書籍といってもいいでしょう。

スポンサーリンク

iPhoneに『実時間小説 走れメロス』からの通知が来るのが待ち遠しい

実際の時間に合わせて小説が表示されるので、その時間にならないと物語の始まりません。この『実時間小説 走れメロス』をiPhoneにインストールしただけでは何もおこらないのです。

説明
「走れメロス」の世界をリアルタイムで味わう新しい小説アプリ。

・小説内の時間に合わせて、リアルタイムに小説が表示されます。
・小説に動きがあるごとに、通知でお知らせします。
・通知には、新しい部分の冒頭が含まれているので、通知だけでも物語の進行を追うことができます。

実際の物語の時間軸がこのアプリの動作時間になっているのであせっても仕方がありません。

(物語は然るべき時間に自動的に始まります。アプリを開始したら、アプリを閉じてしばらくお待ちください。)

起動するとこの画面になります。

「はじめる」をタップするとこうなります。

何も起こらないので、今はアプリを閉じて待っている状態です。

物語冒頭「きょう未明メロスは村を出発し、野を越え山越え、十里はなれた此このシラクスの市にやって来た。」とあるのでどうやら朝の5時くらいにならないと物語が始まらないような気がします。

Macの辞書で確認すると

みめい 【未明】
夜半を過ぎて,まだ明るくならない時分。

となっています。ということは今日はもうこの『実時間小説 走れメロス』はなにも通知を投げてくれないということになります。面白い!ということで明日の朝の通知を楽しみにしたいと思います。アイディアが素晴らしい。

※メロスが激怒したのは午後7時位だったのか。いつのまにか通知が来てましたよ。

『実時間小説 走れメロス』のダウンロードはこちらから。「ブック」のカテゴリで17位です。
iPhone用

iPad用

走れメロス
走れメロス

posted with amazlet at 18.04.25
(2012-09-27)
走れメロス (新潮文庫)
走れメロス (新潮文庫)

posted with amazlet at 18.04.25
太宰 治
新潮社
売り上げランキング: 13,142
新釈 走れメロス 他四篇 (角川文庫)
森見 登美彦
KADOKAWA/角川書店 (2015-08-25)
売り上げランキング: 57,934