iPhoneでライフログ「Google マップ」のタイムラインを活用する

Appナビゲーション

Androidスマホを持ち歩くのをやめて外出時はiPhone SE 1台と通話用のガラケーということがほとんどになっています。そうするとAndroidスマホで使っていたGoogle ロケーション履歴をiPhoneで使わなければなりません。私にとってGoogleのロケーション履歴はとても大切な機能す。いつどこにいったのかを記録するライフログとしてとても便利なので、旅行の記録や日々の行動記録として、あとから訪問履歴を見直せるということが役立つのです。だからiPhoneでもGoogleのロケーション履歴が使用できるようにしなければいけません。

スポンサーリンク

Googleのロケーション履歴とは

そもそもGoogleのロケーション履歴とは何かということですが、以下のようなものになります。Googleのヘルプにはこのように記載されています。

iPhone と iPad のロケーション履歴
位置情報サービスを利用すると、Google サービスがもっと便利になります。ロケーション履歴もこうした位置情報サービスの 1 つです。お使いのアカウントでロケーション履歴をオンにすると、ログインした端末を持って移動した場所に基づいて便利な情報を入手できます。

たとえば Google アプリでは、位置情報の履歴から通勤ルートを学習し、通勤時の交通情報を表示できます。

位置情報を常に記録し、その記録をもとに様々な有益な情報を敬供するというのがGoogleのロケーション履歴です。その元になっているのが移動経路の記録です。この記録を日ごとに確認できるのがGoogleマップの「タイムライン」というもので、私はこの「タイムライン」を使用したくてGoogleのロケーション履歴をオンにしGoogleマップで確認するということを随分前から実践しています。

今までは、AndroidスマホをiPhoneと併用していたので、位置情報を記録するロケーション履歴をまかせていたのですが、iPhoneだけを持ち歩くようになるとiPhoneでロケーション履歴をオンにして活用するしかありません。現在、iOS用のGoogleマップでAndroidスマホと同じようにロケーション履歴を取り、タイムラインで確認ができるようになっているので、iPhoneのGoogleマップがさらに便利になっているのです。

スポンサーリンク

常に位置情報をとっているとiPhoneのバッテリーは大丈夫なのか

位置情報を常に記録しているのでiPhoneのバッテリー消費が気になるところです。もちろん、位置情報をオンにしていないときと比べるとバッテリーの消費は多いと思います。でも、極端に減るということはなく、通常の減り方よりもほんのちょっと速いかなというくらいですから許容範囲ではないかと思います。今現在のiPhone SEのバッテリー状態を確認すると24時間でGoogle マップ(Google Maps)の使用量は全体の4%です。バックグラウンド処理なので位置情報を更新している部分だと思われます。全体に対しての使用量は高くないので、バッテリーの消費についてもそんなに気にしなくてもよいのです。

スポンサーリンク

ロケーション履歴をiPhoneで使えるようにする方法

以前はロケーション履歴をiPhoneで常に有効にしておくときには少々面倒だったのですが、今はGoogleマップ(Google Maps)をインストールして設定を一部変更するだけでOKになりました。簡単にできます。

Googleマップ(Google Maps)でロケーション履歴を有効にする方法

まず、iPhoneにGoogleマップをインストールしましょう。

インストールした後にGoogleアカウントでログインをしておきます。そのあとメニューからタイムラインを選択します。

右上の「…」をタップし設定を開きます。

「現在地設定」の「位置情報サービスが[常に使用]に設定されていない」になっているのでここをタップします。

「位置情報」をタップし「常に許可」にチェックをつけます。ロケーション履歴をiPhoneで有効にするためにはGoogle Maps位置情報を「常に許可」にしておかなければなりません。

Google Mapsに戻り「ロケーション履歴の設定」をタップします。

「オン」になっていることを確認します。他の端末でロケーション履歴をオンにしている場合は、ロケーション履歴を使うiPhone以外の端末はオフにしておきましょう。

これでタイムライン上にロケーション履歴をもとにした移動経路が表示されるようになります。

スポンサーリンク

ライフログを自動で取り続ける

ライフログをとることによって自分の行動を振り返ることが出来ます。日記代わりにGoogle マップのロケーション履歴 タイムラインを利用するのがいいですね。私は日々の行動記録(簡易日記てきなもの)を書いているのですが、3,4日たってから記録する時もあり、そのときにタイムラインが役に立っています。また、立ち寄ったお店がどこだったのか、旅行のときに2日目はどこに行ったのか、などもタイムラインから追えるのでとても便利なのです。ロケーション履歴をオンにするとGoogleに情報がだだもれになるのがコワイと言われるかもしれませんが、タイムラインをみることができるのはアカウントを持っている自分だけです。ロケーション履歴はGoogleのアカウントと紐づけされているので他の人は見れないので安心なのです。

ライフログをとるアプリは他にもあるのですが、日頃よく使っているGoogle Maps(マップ)で履歴がとれるならもうGoogle Maps(マップ)に任せればいいのではないかと思います。ですから私はライフログをとるためと、ナビとしてGoogle Maps(マップ)をこれからも使い続けるのです。