iPhoneをもっともっと活用するにはどうすればいいのか再考する

iPhone

現在私が使っているiPhoneは4インチのiPhone SEとiPhone 5sです。5sはサブなのでiPhone SEを充電する合間に使ったりポッドキャストやAmazon Prime Musicを聴いたりするときに使っています。なんでまた同じ4インチのiPhoneを2台持ち歩いているんだろうと思うこともあります。1台をAndroidのSIMフリースマホにすればいいんじゃないとも思うのですが、今はこの2台体制がわりと気に入っています。人にはあまりおすすめできない2台持ちです。ガラケーを合わせると3台もちに。ガジェット好きな方にとっては、3台だけ?ということになりますが、持ち歩いて使うのにはこのくらいが私は限界です。そんな2台のiPhone、サブのiPhone 5sはあくまでもサブなのでメインのiPhone SEをもっと活用できるのではないかとこのごろ感じています。そろそろこの辺でiPhoneの使い方を再考する時期に来ているような気がします。おりしもiPhone SE2が来月発売されるのではないかというタイミングですから、メールとSNSとブラウズだけでは使いこなしているとは言えないですよね。できることの幅が広いスマホ、その中でMacを使っているなら相性が一番いいiPhoneの使い方を考えてみましょう。

スポンサーリンク

iPhoneを取り巻く環境の変化

これから再考する内容は個人的な環境をもとに考えていこうと思っているので、参考になるかどうかはわかりません。しかし、自分のiPhoneを立ち位置と使い方を客観的にみるためにはいいのではないかと思いつらつらと書いてみることにします。

Androidスマホを持ち歩くのをやめた

このごろ以前よりもましてiPhone SEを使っています。それはAndroidスマホを持ち歩かなくなったからです。AndroidのSIMフリースマホとしてg00 g07を使っていましたが、バッテリーのヘリがひどく、また、Chromeのアップデートで失敗をしたり、なんらかのエラーが度々出たりするため使用するのをやめました。ですからiPhone SEを使う機会が増してきたのです。

デスクトップのMacがあるとそちらを使うようになる

iMac 2009を復活させたことも大きいです。ブログの更新を含めて、仕事場ではMac mini 2014を使っているので、何をするにせよ仕事場ではMac miniを使います。デスクトップの方が作業効率が私の場合はいいですから。

でも、仕事場を離れると、自宅内ではYOGA BOOKを使ってブログの更新などをしていたのですが、iMacを復活させてみるとiMacで作業をした方がこれまた捗るので、iMacの横にiPhone SEをおいてiMacを使うというスタイルになりました。もちろん、Mac miniを使っているときも近くにはiPhone SEを置いています。

iPad mini 3は持ち運びにすぐれたタブレットです。ちょっと使うには抜群に使いやすいiPadです。でも、動作がやや重くなってきていることと、これまたiMacを再び使うようになると作業をするときにはMacを使い、それ以外はiPhoneというのが効率が良くなってきました。だらだらとYOGA BOOKやiPad miniでいろいろとするよりも、iMacの前に座りしたいことを一気にやっていくというのがやはりいいのです。大きな画面でmacOSを使うのは気持ちがいいです。

AmazonのコンテンツはFire HD 10かFire TV Stickを使う

Fire HD 10を手に入れていないときはAmazonのプライム・ビデオはiPad mini 3で観ることが多かったです。でも、Fire HD 10を購入してからはAmazon関連のコンテンツはFire HD 10を使うようになりました。ちょっとしたブラウズなどもFire HD 10があればできるので、iPad mini 3はやはり使わなくなってきています。大画面でプライム・ビデオの作品を観たいときはFire TV Stick経由でテレビを使ってみます。そうなるとFire HD 10を使っているときはiPhoneで細かなことをするという流れになっています。

スポンサーリンク

要するにMacとiPhoneがあればなんとかなるのではないかと思うのです

こんな感じで2台のMacを使うようになり、Macを使っていないときはもうiPhoneで十分ではないかと思うようになったのです。先日Amazon Echo Dotは各部屋にあればより便利になるということを書きましたが、Macも仕事場と自宅の部屋に1台ずつあればとても便利です。とにかく作業はMacで、それ以外はiPhoneで。Fire HD 10はAmazonのプライム・ビデオを観たいときとKindle本の雑誌を読むときに使うことが多くなるでしょう。この部分はiPhoneの出番はありません。

こんな感じで私の環境であればiPhone SEがあればなんとかなるのです。サブでもう1台iPhoneがあれば安心なので、プラスiPhone 5sという心地いいのです。

iMacを再活用する前よりもよく使うようになってきたiPhone。もっとMacと連携しながら使う方法やiPhone単独でできることをちょっと堀sげていきたいなということを考えている今日このごろです。決して安くはないiPhone。でも、毎日有効に使うことで減価償却はできるはずです。自分なりのiPhoneの使い方をもう一度考えてみたいと思います。どう活用すればいいのかはこの次のお話です。

※『iPhoneの純正アプリ「メモ」の活用について書きました。

iPhoneの純正アプリ「メモ」の活用その1 [フォルダ管理]
iPhoneの純正アプリ「メモ」はとても便利なアプリです。「メモ」を使いこなすためにはフォルダに「メモ」を振り分けて管理すると探しやすくなります。フォルダ分けはMacですると簡単で振り分けも楽にできます。
iPhoneの純正アプリ「メモ」の活用その2[チェックリストを使ってTo Doリストを作ろう]
やることリストのTo Doは期限がついているものはリマインダーを使い、それ以外はiPhoneの純正アプリ「メモ」を使うと効率よく項目を整理できます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
iPhoneiPhone SE
スポンサーリンク
2480GADGET