「新型低価格9.7インチiPad」はApple Pencil対応で約3万円で発売されるという情報

Apple

イリノイ州シカゴのLane Technical College Prep High Schoolで3月27日(日本時間3月28日)に開催されるスペシャルイベントが注目されています。このイベントで低価格iPadの新型が発表されるのではないかという噂は多々ありましたが、どうやら実現する可能性が高くなってきましたよ。そして今回新しく発売されるであろう低価格のiPadになんとApple Pencilが対応するのではないかという情報が入ってきました。Apple Pencilに低価格iPadが対応するということを高校で行うイベントでと発表するのは理にかなっているような気がします。

スポンサーリンク

低価格iPadとApple Pencil

教育市場に投入するiPadとしてはやはり価格的に安いもののほうが導入しやすいです。Chromebookはアメリカの市場で教育分野を中心に広がりをみせていますが、それは低価格でありセキュリティーの面でも安心だということが採用されてる要因の1つではないかとと思います。iPad Proの価格はChromebookの2倍以上になりますから、なかなか一括で導入という金額ではないでしょう。しかし、3万円前後のiPadが今回のスペシャルイベントで発表されれば価格的なインパクトは大きいでしょうし、Apple Pencilが低価格の新型iPadで使えるということになれば、教育分野においてもiPad+Apple Pencilという組み合わせで導入するというパターンも多くなりそうです。3万円のiPadとApple Pencilを合わせても43,000円ほどでそろえられるわけですから、iPad Pro+Apple Pencilの7万円コースから考えると半額ほどのコストで済むのですから導入がしやすくなります。

MP2G2J/A シルバー iPad Wi-Fi 32GB 2017年春モデル(iOS)

これはなにも教育分野に限らず家庭でiPadを購入しようかなと思ったときに、iPad Proほどの高機能はいらない、でもApple Pencilが使いたいとなるとiPad Proを購入せざるを得ないのです。でも、そこまでコストをかけるのはどうかなと悩んでいたかたにとっても43,000円程度でiPad+Apple Pencilが手に入るのならば、買いたいなと思わせる強力な後押しになります。

現状タブレット+スタイラスという組み合わせを考えると、やはりiPad Pro+Apple Pencilが最高なのではないかと思いますので、低価格なiPadにApple Pencilが対応されると慣れば、これまた今まで以上にiPadが荒れるのではないでしょうか。個人的にも43,000円でiPad+Apple Pencilが手に入るのであれば購入してもいいかなと思います。通常使いのタブレットはFire HD 10で十分なのですが、クリエイトな部分ではどう考えてもiPadですからね、この価格なら2枚のタブレットを使い分けてもいいかもと思います。とにかく3月28日が楽しみです。

■関連リンク
KGI: Cheaper 9.7-inch iPad will likely support Apple Pencil(9TO5Mac)

Apple iPad Pro Appleペンシル/MK0C2J/A
アップル (2015-10-14)
売り上げランキング: 85
MP2G2J/A シルバー iPad Wi-Fi 32GB 2017年春モデル(iOS)
アップル
売り上げランキング: 608