文字の太さが変えられるようになって無印Kindleでも格段に読みやすくなったよ

kindle

我が家には今Kindleが2台あります。1世代前の無印KindleとKindle Paperwhiteがあるのです。小説も含めて漫画もきれいにくっきりはっきり読めるのはKindle Paperwhiteで間違いは無いのですが、無印Kindleの方が価格を考えても手軽に扱えるモデルなのでケースにも入れずにカバーも使わずに無印Kindleは使用しています。ケースやカバーをつけないと無印Kindle自体が非常に軽く感じるので、寝る前に使うKindleとしては意外や意外Paperwhiteではなく無印Kindleの方が多かったりするんです。無印Kindleの弱点はフォントの粗さにあります。これが最新のアップデートで随分と見やすくなる設定があることに一昨日気が付きました。

スポンサーリンク

文字の設定から太さが変更できるようになっていた

いつものようにKindleの文字の大きさを変えようと思って画面上部の「Aa」のところをタップして大きさを2段階あげようかなと思ったときにあれっと思ったのです。

今までなかった文字の太さを変更するバーがあるではないですか。気が付かなかったなあ。早速色々と太さを変えてみたら、いやいや無印Kindleの文字がくっきりと読めるようになりましたよ。もしかしてKindleは1番安い無印Kindleでも充分快適な読書ができるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

文字の太さを変えてみよう

文字の太さは文字の大きさを変える設定の上に並んでいます。文字の太さは5段階で変更できます。

もともとの文字の太さはこのくらいです。

これを2段階挙げてみます。

こんな感じになりました。

今度は1番太い5段階目にしてみたらどうなるかやってみました。

これはちょっと太すぎるかもしれません。

2段階目位がちょうどいい太さなので2段階目にして読んでみるとこれが非常に文章が読みやすくなりました。

Paperwhiteは1段階太くすればよりはっきりと見えるので1段階目の太さにしていますが、無印Kindleは2段階目まで太くするのが読みやすいと思います。この辺は個人のお好みで。文字の太さを変えるようになったらとても無印Kindleでの読みやすさがアップしたので、いや本当にKindleは1番安いモデルで十分なのではないかと思ってしまいました。液晶側だけ保護フィルムを貼って、傷防止の措置をとり、ケースやカバーは使わずにそのまま本体だけの状態で読書をするととても軽く手も疲れないですよ。Kindleの液晶は目に優しいですから長時間読んでもタブレットやスマートフォンを使って読むのと比べると目の疲れが違いますからね。Kindle使いやすくなりました。そして読みやすくなりました。

Kindle Paperwhite Wi-Fi 、ブラック、キャンペーン情報つき
Amazon (2015-06-30)
売り上げランキング: 30
スポンサーリンク
スポンサーリンク
kindle
スポンサーリンク
2480GADGET