WEBアプリ「writer.app」を使ってMacやPCで音声入力を一気にする

YOGA BOOK

Googleドキュメントを使って音声入力をMacやPCを使って行うということを前回ご紹介しました。ただ、Googleドキュメントの音声入力はとても優秀ですが、「、」や「。」を音声で入力できないのが難点です。まあ、あとで文章を校正するときに「、」や「。」を打てばいいのですが、「。」くらいは打てればいいのですが。YOGA BOOKを使うようになってHaloキーボードでの長文はなかなか苦行という部分があるので、長文を打つときは外付けキーボードを使ってしのいでいるのですが、音声入力が快適になれば「語りかけて入力」に切り替えてもいいかもしれません。そんな中でGoogleドキュメントがなかなか使えるということがわかったのでした。まあ、一人でいるときしか音声入力は使えませんが、環境が整えば音声入力は使えます。だから「音声入力」ってワードで検索することが多くなっています。そんな中なかなか良さそうなWEBアプリを見つけたのです。それが「writer.app」です。

スポンサーリンク

「writer.app」ってどんなWEBアプリ?

「writer.app」は五十川洋平さんが作成されたWEBアプリです。対応ブラウザは「Chrome、 Firefox、Safari、Microsoft Edge、IE11」です。ブラウザはいつも使うものでOKです。

ただし、「writer.app」で音声入力をするためにはブラウザはChromeでないといけません。よってここではChromeで「writer.app」を使うという前提でお話をしましょう。

概要
至ってシンプルな音声再生アプリです。
一番の特徴は再生スピードを変更できること。
文字起こしをする際に会話のスピードが早くて入力が追いつかないことがあると思うのですが、これを解決します。

使える機能は以下の通りです。

音声ファイルの追加・再生・停止
波形データ(タイムライン)をクリックして現在の再生位置を操作可能
音量・再生速度の変更
NEW テキストエディタ
NEW 音声入力・フルスクリーンモード
対応ブラウザ
Chrome、 Firefox、Safari、Microsoft Edge、IE11

※スマートフォンでは動作しません。

というように「writer.app」は音声再生アプリです。そして実験的な機能ということですが、音声入力を実装!これで文字起こし作業に最強なツールとなる大きな予感なのです。

本格的に文字起こしするための方法はまたにすることにして、ここではMacやPCに語りかけてテキスト入力がちゃんとできるのかということに絞って書きましょう。

スポンサーリンク

「writer.app」で音声入力は快適にできるのか

「writer.app」の音声入力の素晴らしいところは文章の最後を判断して「。」を自動入力してくれることです。それと同時に改行をしてくれるので文が見やすくなります。見やすいということは校正をしやすいということで、音声入力でテキストを打つという用途には適していると思います。自動で「。」が入るのは便利ですよ。

「writer.app」音声入力の使い方

まず、MacかPCでChromeを立ち上げましょう。
それから「writer.app」にアクセスです。

テキストエディタ部分上部のマイクアイコンをクリックします。

これで音声入力モード準備OKです。
マイクでの入力は常のオンになっている状態なので、喋りっぱなしでテキスト入力ができるのです。

そして、音声入力をするときにチェックしておいたほうがいいのが「自動スクロール」です。自動スクロールをオンにしておくと音声入力した内容がどんどんスクロールされるので画面を確認するときに便利です。

正確に音声入力をするために

試しにNHKのラジオニュースをiPhoneで流してみてどのくらい変換できるのかを確かめましたが、連続して切れ目がない話の場合は処理がちょっと追いついていないという感じでした。ネット回線が今少し調子が悪いせいもあると思いますが、ラジオニュースはあまり正確に入力ができませんでした。

でも、喋りかけての入力の場合は非常に正確に入力してくれました。ポイントは以下の通り。

●ゆっくりと語りかけよう
●文と文の切れ目は一呼吸おこう
●一文は一気に喋ろう

ゆっくりと話したほうが正確に入力してくれます。一文一文の切れ目は間をおいたほうが間違いなく改行をしてくれます。ということは間があくと、そこで改行されてしまうので、一文は一気に喋った方がいいです。

この点に気をつければあとの校正作業が楽になります。

スポンサーリンク

音声入力に対応の「writer.app」を試しましょう

「writer.app」はWEBアプリなのでMacでもPCでも使えます。スマートフォンには対応していません。試しにFire HD 10で使ってみましたが、途中で強制終了してしまうので、素直にMacかPCで使ったほうがいいですね。私はYOGA BOOKで使っていますが、語りかけての音声入力はいい感じで入力をしてくれます。

「writer.app」の本領を発揮するのは、文字起こしの自動化かもしれません。Macの場合はSoundFlowerというアプリと「writer.app」を組み合わせると、本当に自動で文字起こしができるみたいなので、ライターの方などはとても便利に、そして時間短縮になるのではないでしょうか。私は音声入力が目的なのですが、それでも十分使えるWEBアプリだなあと思います。臨機応変にGoogleドキュメントと「writer.app」を使い分けして音声入力をYOGA BOOKで駆使していきたいと思います。

■関連リンク
「writer.app」
【Windows/Mac対応】書き起こし用の音声再生アプリ「writer.app」を作りました(イソップ ブログさん)

MacBook (12-inch/1.1GHz Dual Core Intel Core m3/256GB/8GB/802.11ac/USB-C/ローズゴールド)
アップル (2016-04-20)
売り上げランキング: 12,087