黒いキーボードとボディが何だかとってもかっこいいiMac Proのレビューをいろいろと読んでみた

Apple

えー本当にかっこいいです、iMac Pro。最小構成でも55万8800円(税抜き)という性能も価格もプロ仕様。最高スペックのものは150万円をこえるということなので、普通にMacを使うというよりもとにかく仕事で効率よく短時間で処理をしたいのであるという方や、動画編集をゴリゴリやるぜという方など、プロ向けのものなので購入することはない、いやできないので、せめてレビューを読んでいいなあとため息をつきたいと思います。

スポンサーリンク

デスクトップがいい

個人的に使っているMacはMac miniの2014でハードディスクドライブなので最初の立上りに引っかかりがあるものの、アプリを走らせればそこそこ快適に動いてくれます。しかしSSDの速さに慣れてしまうと次買うときはHDDはないよなと思います。Mac miniを使い続けるためには外付けのSSDを起動ディスクにしてしまうという方法を使えばもう数年は使えるのではないかと思っています。

ラップトップのMacBookを使わずにデスクトップを使っているのは作業効率がいいことからです。生粋のモバイラーであればMacBookでどこでも仕事となるのですが、普段は固定の場所にいることが殆どで、そうするとデスクトップの方が画面サイズも大きいし、キーボードやマウスは好きなものを使うことができるので、効率よく、気持ちよく仕事等ができるのです。となるとラップトップを持ち歩く機会はあまりなく、持ち歩くとしてもスペックはそう必要がなく、Windowsのアプリが動けばなんとかなるので、ラップトップは軽く薄いものでいいのです。今は比較的安価であり独自の路線をひた走るYOGA BOOKを使っているのでこれで事足りているからMacBookを購入していないのです。とにかく作業をするならデスクトップの方がいい!そんなデスクトップ派が憧れるマシンとしてiMac Proの登場なのです。

スポンサーリンク

iMac Proのレビューまとめ

さて、それでは各種レビューを読んでみましょう。

史上最も高性能な「黒いiMac」ことiMac Proが発売!(All About)

プロセッサにはIntelのXeonプロセッサと呼ばれる、サーバー向けのCPUを採用。8コア、10コア、18コアの3タイプが選択できる。メモリはDDR4 ECCメモリという、エラー訂正機能のついたこれまたサーバー向けのメモリが採用されており、容量は32GB。オプションで64GB、128GBにも変更できる。

ストレージ容量は1TBで、オプションで2TB、4TBが選択可能。グラフィックスにはAMD製の最新GPU、Radeon Pro Vega 56(8GBメモリ)が標準で搭載され、オプションでVega 64(16GBメモリ)を用意。

iMac Pro (2017) ベンチマーク(MACお宝鑑定団Blog)

iMac Pro (2017) をチェック(MACお宝鑑定団Blog)

iMac Pro アンボックスライブ:持ち上げるだけでも怖い…(GIZMODO)

iMac Pro フォトレビュー:この子がいる家に帰りたい(GIZMODO)

iMac Proの付属品、黒いのはマウスとキーボードだけじゃなかった(GIZMODO)

ブラックなiMac Pro、シックで上品。そして実力は申し分なしのMac史上最強。うーん、実物を見て触ってみたいですねえ。
■関連リンク
最大18コアを搭載したiMac。誤植ではありません。(Apple)