【Amazon Echo Dot】スマートスピーカーが我が家にやってきたので開封してみる

Amazon

今日はアマゾンからの荷物が昼に届きました。Kindle Paperwhiteは予定日に届かなかったのですが、「Amazon Echo Dot」は予定日に届きました。そうです、「Amazon Echo Dot」が我が家になってきたのです!何が出来るんだろうと楽しみにしていたAmazonのスマートスピーカー「Amazon Echo Dot」。招待メールが運良く届いたのでその日のうちに購入したのです。いろいろなレビューを読むとまだまだ発展途上な面はあるようですが、何が「Amazon Echo Dot」でできて、何が出来ないのか、これから毎日使ってみてお知らせしようと思います。ということでまず開封してみましょう!

スポンサーリンク

「Amazon Echo Dot」を開封する

今回はKindle Paperwhiteのカバーも一緒に届きました。Paperwhiteのこともかかないといけないのですが、まずはAmazon Echo Dotの開封が先です。

Echo Dotは小さかった

こちらが届いたEcho Dotのパッケージです。小さいです。iPhoneのパッケージと同じくらいです。

中身はこんな感じです。

本体と電源アダプタ(9W)とUSBケーブル、そしてスタートガイドが入っています。

本体を出してみます。

購入したのはホワイトです。本体の側面と上面にはフィルムが貼ってあります。上面だけ取りました。。側面は傷がつきやすそうなのでそのままにしておきます。電源アダプタはFire HD 10と同じものでした。

側面はAmazonのロゴ入り。

上面には音量ボタン2つとアクションボタン、マイクオフボタンの4つがあります。

底面はマット仕様で滑りにくくなっています。

Echo Dotのスタートガイド

スタートガイドには電源に接続詞、アプリをダウンロードしてセットアップしてということが書かれているので、あとはアプリをiPhoneにダウンロードし、指示にしたがってセットアップをしていきます。

スタートガイドにはもう1枚、出来ることの例が書かれています。

「Alexaとおしゃべり」「ニュース・各種情報」を今一通り試しているところです。

Echo Dotの第一印象は?

こんなに小さくてスピーカーの音はちゃんと聞こえるのか、音声をちゃんと認識してくれるのか、など不安な部分は有ります。これは実際に使ってみると良い意味で裏切られるのですが、その話はおいおいに。ぱっとみ Echo Dotはとても小さくどこでも持ち歩くことができるスマートスピーカーです。これなら車に乗っけてモバイルバッテリーを使ってアレクサに語りかけるということも十分できますね。エントリーモデルの Echo Dotですが、未来感を味わうことができます。2,000円オフの3,980円で購入できる期間に招待メールリクエストをしておいて正解でした。実用的かどうかはこれから使っていかないとわからないのですが、今後さらに発展する分野でしょうから、楽しみながら使っていきたいと思います。次はセットアップ編です。

Amazon Echo Dot (Newモデル)、ホワイト
Amazon (2017-11-15)
売り上げランキング: 5

これにつなげて聴くといいかも↓