macOS High Sierra の「Night Shift」を使って目の負担を日中も軽くする

Mac mini (Late 2014)がメインマシンです。毎日10時間ほど電源をオンした状態で使っています。ディスプレイに向かっている時間はその半分ほどでしょうか。しかし、それでも結構な時間ディスプレイを見ているので、Mac miniには画面の青みを押さえる「f.lux」を使っていたのですが、macOS Sierra 10.12.4から「Night Shift」を使うことが出来るようになったので、「f.lux」をやめて「Night Shift」で画面を暖色系にし、目の負担を軽減することにしました。

スポンサー リンク

macOS High Sierraの「Night Shift」とは?

「Night Shift」はディスプレイを暖色系の色域に切り替えて目に優しい色味にする機能です。iPhone、iPadの「Night Shift」と同じ機能です。これがmacOS Sierra 10.12.4からMacでも使えるようになったのでした。この機能があるとはつい先日まで知らなかったのですが、システム環境設定の「ディスプレイ」をたまたま見ていたときに「Night Shift」を発見し、これが使えるということがわかったので「f.lux」から「Night Shift」にチェンジしました。

「Night Shift」の使い方はかんたん

macOS Sierra 10.12.4以降であれば「Night Shift」が使えます。システム環境設定の「ディスプレイ」を開きます。

「Night Shift」をクリックします。

スケジュールがあるので「スケジュール」をMacを動かす時間帯に設定します。Macを立ち上げたときから暖色系にしたいので、Macを使う時間帯を設定します。そして「手動」のところにチェックを入れます。あとは好みに応じて「色温度」を設定します。

コレだけです。これで画面の青みを押さえて暖色系に変えることが出来ました。今のところの色温度の設定は真ん中よりもやや「冷たく」側にくるようにしています。

目の疲れ具合によって、色温度は調整するようにしています。

長時間モニターを見る方はこの「Night Shift」を使って目の負担を少しでも軽減するようにしてください。目は大切です。
■関連リンク
「Night Shift」環境設定(Apple)

スポンサーリンク

フォローする