iPhone、iPadのAssistiveTouchは「スクリーンショット」や「画面をロック」に割り当てて使うと便利

iOSには「AssistiveTouch」という機能があります。画面に円状のアイコンを出して、それをタップ、2回タップ、長押しすることでいろいろな機能を割り当てることができるというものです。ホームボタンの代用として使うこともできるので、ホームボタンが調子悪いというときに使うということはよく知られている方法です。画面上にそこそこ大きな面積の円がいつも出ているので、邪魔だよと感じるかもしれませんし、ホームボタン押せばいいからそんなのいらないという方が大半だと思うのですが、機能を3つ割り当てられるので意外と使ってみると便利なのです。今であればホームボタンがなくなったiPhone Xで使ってみるといいのではないかなと思います。

スポンサー リンク

AssistiveTouchの1タップはホームに割り当てる

AssistiveTouchの設定方法は
「一般」→「アクセシビリティ」→「AssistiveTouch」から行います。

AssistiveTouchの最上位メニューを「ホーム」に割り当てる方法はこちらに書きました。

iPadの画面上にホームボタンをおいて1回のタップでホーム画面にもどる方法

カスタムアクションで機能を割り当てる

最上位メニューを設定してホーム画面だけにするとAssistiveTouchを1タップするとホーム画面に戻るようになります。物理ホームボタンを押さなくてもこれでホームに戻れるのです。ホームボタン代用でAssistiveTouchを使うのはあまりないと思うのですが、私はAssistiveTouchを便利に使っていて、このごろはホーム画面に戻るだけでなく、ダブルタップで画面ロック、長押しでSiriを呼び出すように設定しています。

シングルタップはメニューを開くかホーム

カスタムアクションでタップによるアクションを決めていきます。

最上位メニューでホームだけ割り当てている場合はシングルタップは「なし」にしておけばいいです。1回のタップでホーム画面に戻ります。最上位メニューを2つ以上にしている場合は「なし」にすると1回タップしてもなにも起こらないので「メニューを開く」か「ホーム」にします。シングルタップを「メニューを開く」にすると最上位メニューを開いてくれます。「ホーム」にするとホーム画面に戻るようになります。私は最上位メニューを4つ割り当てていますが、通常は「ホーム」にして1回のタップでホーム画面に戻るようにしています。

ダブルタップはスクリーンショットが便利

iPhoneでスクリーンショットをとる機会が多い場合はダブルタップの設定を「スクリーンショット」にしておくとすぐにスクリーンショットを撮ることができるようになります。

私はダブルタップを「画面をロック」にしていて、iPhoneを使い終わるとダブルタップしてスクリーンをオフするようにしています。スクリーンショットを撮る前にダブルタップを「スクリーンショット」に変更しておくとバッチリとスクリーンショットが撮れるので、今は「画面をロック」と「スクリーンショット」と使い分けている状態です。

長押しはSiriが良い

長押しは「Siri」です。これが便利。「Hey Siri」はなかなか人前でいうのは大変です。AssistiveTouchを長押しでSiriが立ち上がるので、そのまま話しかければいいので自然です。

AssistiveTouchは便利です

画面にアイコンが常にあるので邪魔だと感じる方も多いと思いますが、不透明度を調整して目立たないようにするとそんなに存在感バリバリというほどではないです。確かにiPhone SEの4インチ画面ではアイコンが大きく感じますが、ホームボタンがないiPhone XにはAssistiveTouchは有効ではないかと思います。まだAssistiveTouch使ったことないよという方は一度試しに使ってみてください。意外と便利ですよ。

スポンサーリンク

フォローする