全面ディスプレイの新型「iPhone SE」は本当に2018年にやってくるのか

9to5macによると2018年にいま販売されているiPhone Xのデザインのまま小型化した新型iPhone SEが2018年にリリースされるかもということです。現在販売されているiPhone Xの評判はいいみたいですね。確かに全面ディスプレイのiPhone Xは情報量が多く、それでいてPlusよりも小さいので持ち運びしやすい最上級iPhoneに仕上がっているようです。しかし、コンパクトさと片手での使いやすさでいえばiPhone SEが一番です。私も毎日iPhone SEを使っていますが、ポケットにすっと入り片手で操作できる大きさはすごくいいです。デメリットは小さいがゆえに液晶のサイズも4インチと今となっては小さいので、文字が見づらいことでしょうか。それ以外はとても気に入っています。

スポンサー リンク

全面ディスプレイの新型「iPhone SE」

レンダリング(コンセプト)画像の新型iPhone SEはベゼルレスの全面ディスプレイにより4インチからサイズは拡大しています。iPhoneXと同じようにホームボタンはなくFace IDを採用しているとのこと。True Depthカメラはフロントに搭載されてノッチ(切り欠き)も同じようにあります。完全にiPhone Xの小型版ですね。

でも、背面にはカメラはデュアルレンズではなくシングルレンズになっています。このあたりでコストダウンを図るのでしょうか。もしこのようなiPhone SEが発売されたらほしいと思いますが、気になるのは価格。iPhone SEは現在一番買いやすい価格帯のiPhoneです。39,800円ですからね。これが59,800円とかになると「うーん」となりますので、44,800円とかならいいですよねえ。無理かなあ。無理だろうなあ。有機ELではなく現在の液晶を使い、背面もワイヤレス充電に対応しなくてもいいです。とにかく4インチディスプレイをこよなく愛する方は一定数いると思うので、後継機は出してほしいと思います。本当にこんなiPhone SEが発売されるなら買ってしまいそうです。
■関連リンク
New renders imagine iPhone SE 2 with iPhone X style screen and notch [Video](9to5mac)

スポンサーリンク

フォローする