iPhoneとiPadで使っているテキストエディタ「iA Writer」がバージョンアップでより便利になった

iPhone SEに入れているテキストエディタは2本です。「iA Writer」と「Simplenote」です。iPad miniもこの2本です。「Simplenote」は主にブログの下書きを書くときに使っていて、Mac miniやFire HD 10、Androidスマホg07でも使えるのでデバイスを選ばず使えるというところが気に入っています。同期のスピードも速く不具合もないとても優秀なメモアプリなのです。「iA Writer」はDropboxのデータと連携して主に日記を書いています。Dropboxのデータにアクセスできるエディタであればなんでもいいのですが、iPhone、iPad miniでは「iA Writer」を使っています。といっても深く突っ込んで使うという使い方ではなく普通にテキストエディタとして使っています。書いたものをそのままブログの記事と連動させたりすることもできたりするんですが、いまのところテキストエディタとして使っている状態でもったいないかもしれません。もう少し使い込まないと。でもデザインも好きだし使い勝手もいいのでライトな使い方でも十分なんです。その「iA Writer」が先日バージョンアップしより使いやすくなりました。

スポンサー リンク

iA Writer バージョン 5.0.2 の新機能

新機能はこのようなものです。

#クイック検索
クイック検索は、iA Writer for Macでファイルを検索して開くための最良の方法です。 iOS用のiA Writerには、キーボードバーのすぐそばにも含まれています。開くまたはエクスポートなどのファイルまたはアクションを検索できます。

#カスタムコマンド
キーボードバーのコマンドボタンをタップすると、カスタマイズ可能なキーのグリッドでコマンドキーボードが切り替わります。

#お気に入りのフォルダ
よく使うフォルダをライブラリの最上位に追加して、簡単にアクセスできます。

#スマートフォルダ
ライブラリには、スマートフォルダのセクションも新しく追加されました。タイプ、キーワード検索、日付などでドキュメントをフィルタリングするために、各フォルダのルールを選択します。デフォルトでは、 “Recents”スマートフォルダーが含まれています。

#ライブラリ編集モード
複数のファイルまたはフォルダを選択するには、ライブラリの[編集]ボタンをタップします。これらはバッチ移動、名前変更、または削除することができます。

ライブラリの#3Dタッチ
ライブラリーまたはクイック検索で3Dタッチを使用すると、選択したファイル内のコンテンツを見ることができます。

#5.0.2のエクストラ
– いくつかのコンテキストで自動保存が失敗する問題を修正しました。
– クラッシュを修正しました

この中ではクイック検索が便利です。検索アイコンをタップすると検索窓が開き、その下には「最近のアクション」が表示されるので、この部分が地味に便利です。カスタムコマンドはMarkdown(マークダウン)にも対応しているし、日付なども簡単に挿入できるのでこれも便利です。

フォントの大きさが選べるようになっていた

今回のバージョンにより文字の大きさが選択できるようになっていました。いや前のバージョンでもこれができていて、私が気づいていなかっただけかもしれませんが、とにかくフォントの大きさが調整できるようになっていました。今までは文字の大きさはシステムの文字の大きさに比例していたので、文字を大きくしたいときはシステムで文字サイズを大きくする以外に方法はなかったのですが、これからは自分の好みの大きさに文字を調整できるようになっていたということが非常に大歓迎な部分です。

iPhoneではこんな感じです↓

iPad miniではこんな感じになります↓

ファイルを経由してDropbox以外にもアクセスできるようになった

こちらもiOS 11からの変更点の恩恵を受けていると思うのですが、Dropbox以外でOneDriveとかGoogle Driveにアクセスができるようになっていました。今まではiCloudかDropboxしかファイルを開くことができなかったと記憶しているのですが、今回のバージョンアップで「ファイル」を経由してクラウド型のサービスにアクセスができるようになっていました。

これにより今までDropboxしかファイルを呼び出すことができなかったのが、OneDriveやGoogle Driveのファイルも扱えるようになりました。ただし、一旦iPhoneやiPad側にダウンロードして編集するという形式です。

iA Writer いいです

iA Writerはソフトウェアキーボードで入力するのもいいし、音声入力でもいい感じで入力できます。iA Writerの便利さを感じるにはソフトウェアキーボード(フリック入力)を使ったほうがいいと思いますが、私は音声入力でテキストを作成することが多くなっています。何れにせよテキストエディタはコレ1本でいいと思うくらいよく出来ているので、ぜひともお試しください。有料アプリで600円ですが、その価値は十分あると思います。Mac用、Android用もあります。こんなことを昨年書いていました→Magic Keyboard とDropbox連携が抜群の「iA Writer」でモバイル文章入力環境を整える

■関連リンク
iA Writer

Apple docomo iphone SE 64GB MLXP2J/A 【ゴールド】
Apple(アップル)
売り上げランキング: 154,537
スポンサーリンク

フォローする