ガジェット大画面化計画⇒目に優しいスマホタブレット選び

そろそろ吹いている風がひんやりとしてきた11月中旬。風邪には十分気をつけて健康管理の毎日です。しかしながら気をつけてもどうにもならないのが目の調子。年齢とともに夫婦ともども近くがだんだんと見づらくなっております。奥さんは視力がいいので、普段はメガネをしていないせいもあって、書類とか見るときには非常に困るようです。リーディンググラスが必須となっております。私は近視なので、近くを見るときにはメガネをおでこの方に上げれば見えるのでいいのですが、いちいちメガネを上げるのは面倒。とはいうもののメガネをかけたままだとiPhone SEの4インチの画面は確実にぼやけてしまってみえないのですなあ。これにこのごろ困っております。コンパクトサイズのiPhone SEはとてもいいと思っているのですが、見えないことには使えない。手元が見えにくくなるのはまあ、仕方がないこと。それならば見やすいガジェットを使おうではないかとガジェット大画面計画なのであります。

スポンサー リンク

タブレット(大)は10.1インチだ!

普段使いのタブレット。Amazonのコンテンツを楽しむためのタブレットはFire HD 10です。この大画面はいいですよ。はっきりと見えます。ですからタブレットはこれでOK。Fire HD 10でなくてもiPad Pro 10.5インチでもOKですが、使う用途を考えるとコスパ抜群のFire HD 10でいいのです。自宅用はこれにします。

Fire HD 10 タブレット (Newモデル) 32GB、ブラック

タブレット(小)は7.9インチだ!

自宅内で使うのはFire HD 10で決まりです。でも、外出時には740gは思い。ラップトップなら700g台は軽いのですが、タブレットと考えると重いのです。だから持ち歩きようには7.9インチくらいがちょうどいい。Amazonの Fire HD 8がこれまたコスパに優れますが、ここはiOSを使いたい。そうなるとコレしかありません。iPad mini!いまならiPad mini 4です。iPad mini 4 Wi-Fiモデル 128GBが47,000円くらいです。iPad Wi-Fiモデル(2017) 128GBと同じ価格なので悩むところですが、外出用+普段使いのiOSデバイスで大画面と考えるとiPad miniがベストな選択のような気がします。

Fire HD 8 タブレット (Newモデル) 16GB、ブラック

幸いなことに我が家には同期不具合から完全復活したiPad mini 3があります。動作的にややもたつくときもあるのですが、日常使用ではまだまだいけます。だからiPad mini 3を復活させます。久々にしっかりと使ってみたらiPad miniっていいサイズ感です。iOS 11の全機能は使えないものの、Dockが追加されてiPadに最適化されつつあるiOS 11は使いやすくなりました。iOSにこだわらなければAndroidのタブレットもあるし、1万円以下で購入できるFire HD 8で思いっきりAmazonに浸るというものいいでしょう。私は持っているものを活かしてiPad mini 3を使おうと思います。7.9インチは目に優しい!

Apple iPad mini 4 Wi-Fiモデル 128GB MK9Q2JA アップル アイパッド ミニ MK9Q2JA ゴールド

スマートフォンは5.5インチだ!

iOSでいくならiPhone 7 Plusか8 Plusでしょう。ただ、まだまだ白ロムやSIMフリーは高い。正直6万から8万円だすならiPad Pro 10.5インチ Wi-Fi 64GB を68,000円で購入したほうが幸せになれるような気が個人的にはするのでiPhoneはパスです。それならば何を使うか?手元の5.5インチ goo g07を使います。カメラ性能が今ひとつという部分はあるもののAndroid 7.0にアップデートしたし、動作的には問題ないサクサク感でこれまた日常使いのスマートフォンとしては合格ラインなのです。1万円台後半で購入したので気軽に扱えるし、手帳型ケースからTPU製のクリアケースにかえて身軽にして使います。ジーンズの前ポケットにはさすがにキツキツなので持ち歩くときは上着のポケットに入れることになりますが、指紋認証が素早いので手にとって背面に指を当てるだけでロック解除というなかなかの優秀さなのです。

モトローラ SIM フリー スマートフォン Moto G5S Plus 4GB 32GB ルナグレー 国内正規代理店品 PA6V0074JP/A

ただ、今5.5インチを購入するとしたらMoto G5S Plus 4GB 32GBの41,000円でしょうか。5.5インチでなく5.2インチであれば選択肢は一気に広がるのですが、5.5インチを使うとその見やすさに圧倒されますからね。私はとりあえず手持ちのgoo g07を使うようにします。

ガジェット大画面化計画で目の疲れともオサラバだ

本当にこのごろ目が疲れやすくなっていて4インチの画面サイズは相当つらいし、YOGA BOOKの10.1インチで小さなフォントはきついのです。X205TAの11.6インチを見るととても見やすい。でもX205TAはWindows 10にしてからもっさり感が際立つようになりました。Chromeは激重なので使う気にならない。それをカバーするのがFire HD 10でありiPad miniであるのです。小さな文字や近くを見ることができる遠近レンズのメガネに切り替えればいいのかもしれませんが、いまいち遠近レンズはできれば使いたくないとなるとでかい画面で揃えるしかない。ということで大画面のこの布陣でしばらく運用してみようと思います。

iPhone SEの環境はそっくりiPad mini 3に移せるし、LINEだけはg07に移行しないといけませんが、過去のトークにはこだわりがないので即移行はできるのです。今までヘビーに使っていたiPhoneのアプリはそのままiPad miniで使えばいいし、ブラウジングであればFire HD 10が使えるヤツです。文章入力はiPad miniとMagic Keyboardのコンビネーションで問題ないし、ブログの更新はiPad miniとFire HD 10の組み合わせでうまくいくこともわかりました。手持ちのガジェットをうまく使って目に優しい生活をしてみようと思います。

Fire HD 10 タブレット (Newモデル) 32GB、ブラック
Amazon (2017-10-11)
売り上げランキング: 45
Fire HD 8 タブレット (Newモデル) 16GB、ブラック
Amazon (2017-06-06)
売り上げランキング: 33
スポンサーリンク

フォローする