【Fire HD 10】ケースと液晶保護ガラスフィルムで完全武装完了

Fire HD 10が届いてから約3週間。昨日からiPhone Xの発売開始ということでその話題で持ちきりです。そんなレビューを読んでいるとiPhone Xいいなあと思えてきます。でも、我が家にはiPhone Xは届かずFire HD 10も交換を依頼していた液晶保護ガラスフィルムが届きました。やっときたのです。ケースもさんざんまたされましたが、交換品のガラスフィルムもずいぶんと待ちました。これでフルにFire HD 10を使うことができる体制が整いました。

スポンサー リンク

手帳型ケースは重量があるが安心感は高い

背面だけをカバーするケースはないので手帳型ケースの中から選ぶしかないのです。でも重量が結構あります。私が買ったケースは240gほどあります。Fire HD 10につけて重さを量ると740gあります。これって結構重いです。本体だけの500gに慣れているとつけるとずしっときます。

しかし、つけると本体に傷がつくのを防ぐことができます。どのガジェットもそうですが、本体に傷がつくとちょっとへこみます。それを防いでくれると思えば多少重くなっても仕方がありません。

液晶側を開くだけでスクリーンがオンになります。これで電源ボタンを押さなくても本体にアクセスできるようになります。ケースの開閉でオンオフできるのになれてしまうとこれなくしてはいけなくなってしまいます。これができるのでこのケースを選んだという面があります。価格も1500円ほどで手に入ります。

ただ1点気になるのは購入したケースはスピーカー部分に穴が開いていないので、Podcastや音楽をケースを閉じたまま聴くと音がややこもるという点です。スピーカー部が開いているケースの方がいいですね。下記のケースは開いているようです。

ガラスフィルムは光沢は気になるが安心感がある

Fire HD 10発売前に購入ができた液晶保護ガラスフィルム。でも、サイズがほんのちょっと大きく、縁にかかってしまいきれいにはることができないという欠陥品でした。交換を依頼してからずいぶんと待ちました。返品の期限ギリギリになってやっと届きました。それが今日の午前中でした。

私が注文していたのが2枚入りのもので今回の改良品も2枚入りの
ものが送られてきました。今考えれば1枚だけ頼めば良かったですね。内容物はこんな感じ。


以前、iPad Air用に買ったガラスフィルムと同じ製造元のものです。ドライとウェットの2種類のクロスとホコリとり用のシートなどが入っています。


Fire HD 10の液晶面をウェットのクロスできれいにしてそのあとドライのクロスで仕上げます。ガラスフィルムの位置を合わせてゆっくりとはっていきます。

ホコリが入れば少しフィルムを浮かせてホコリを両面テープで取り除きます。今回は端の方だけ1ヶ所ホコリがはいってしまったのでそれを取り除くと完成です。

反射防止のガラスフィルムなので、やや映りこみは軽減されているような気もしますがそれでもガラスです。映りこみは結構あります。

ただ、セリアのフォルムと違うのは指紋がつきにくいです。ついても拭けばすぐ取れるのでこの点はいいですね。液晶面の保護にガラスフィルムは最適でしょう。ただ、光沢が気になる場合はアンチグレアの保護シートの方がいいでしょう。

Fire HD 10の価格が価格なのでそのまま使ってもいいかという気もするのですが、保護しておけばより気軽に扱うことができます。ケースとフィルムをあわせても3,000円しないので、11月5日までの増額クーポンを使うとケースとフィルムが買えますね。増額クーポンは明日までです。

Fire HD 10 タブレット (Newモデル) 32GB、ブラック
Amazon (2017-10-11)
売り上げランキング: 3
スポンサーリンク

フォローする