【Fire HD 10】プライム会員なら14,980円のFire HD 10 タブレット(2017 NEWモデル 32G)を予約完了

ちょっと前に「圧倒的なコストパフォーマンスのAmazon「Fire タブレット」という魅力的なガジェット」というエントリーを書きました。Fire タブレットは今まで興味はあるもののAmazonコンテンツを楽しむためにタブレットなんで、iPad mini 3もあるしいいかなあと思っていたのですが、現在予約受付中のFire HD 10 タブレット(2017 NEWモデル)の高いコストパフォーマンスにやられて予約をしてしまいました。私はAmazonプライム会員なので4,000円引きで購入できることもあり、14,980円で手に入れることができます。iPad mini 3が調子悪いこともあり、iPad Proかなあと思っていたのですが、タブレットでの目的はブラウザでのネット検索とテクノロジー系の情報収集、Twitter等のSNSの確認と情報収集に使うことがほとんどなのでiPad Proの4分の1の価格で手に入るFire HD 10 タブレット(2017 NEWモデル 32G)を試してみるかと思って予約しました。発売日は10月11日です。

スポンサー リンク

Fire HD 10 タブレット(2017 NEWモデル)の実力は?

Fire HD 10 タブレット(2017 NEWモデル)は前モデルに比べて価格が大幅に安くなり、機能が大幅にアップしました。10.1インチのタブレットがプライム会員用のクーポンを使うことで14,980円で手に入ること自体破格値なのです。もちろん、スペックが低いものであれば同等の価格であると思いますが、Fire HD 10 タブレット(2017 NEWモデル)のスペックはなかなかのものなのです。

Fire HD 10 タブレット (Newモデル) 32GB、ブラック

(※画像はアマゾンさんより)

スクリーン
『10.1インチHD、IPSディスプレイ、解像度1920 x 1200、224ppi、フルHDビデオ再生、反射防止技術採用』ということです。解像度が上がりました。Kindle Paperwhiteの300ppiには及びませんが224ppiなのでKindle本を読んだりするのにも問題ないレベルになりました。動画などもきれいに見えることでしょう。「反射技術採用」というのがどんなものか気になります。液晶保護フィルムはほぼどんな端末にも貼っているので、Fre HD 10にも貼るつもりです。偏光フィルターを使った反射防止技術がどんなものなのか確かめてからちゃんとしたフィルムを貼るかどうか考えてみましょう。それまではセリアの108円A4サイズ液晶保護フィルムでしのげばいいでしょう。

CPUとRAM
1.8GHz x 2、1.4GHz x 2 クアッドコア、2GB RAMとなっているのでサクサク動くのではないかと予想します。Android OSをカスタマイズしたFire OSなので、そのあたりは最適化されているはずですからね。

バッテリー
10時間駆動が可能になりました。iPadと同じ駆動時間です。10時間動くのであれば問題なしです。iPadと同じような使い方が出来ますね。

ストレージ
32GBと64GBを選択できるようになります。microSDカードは256GBまで使えるので、32GBを選んでおけばいいのではないかと思います。

Amazonに特化した機能
「進化したオススメ機能 For You」と「Whispersyncでコンテンツを同期」の2つの機能によってAmazonのコンテンツを今まで以上に楽しむことができます。コンテンツの同期はFire タブレットで見ていた続きをテレビ(Fire TV Stick)で見ることが出来るようになるので、これまた便利です。

Fire HD 10 タブレット(2017 NEWモデル)の使い方

iPadとくらべても3分の1の価格、iPad Proと比べると4分の1の価格のタブレットであるFire HD 10 タブレット。質感等は比べるまでもなくiPadの圧勝です。でも、タブレットを使う場面を考えると、iPad Pro、iPadでさえオーバースペックと思うならば、14,980円(プライム会員価格)のFire HD 10 タブレットは非常に魅力的に思えてくるのです。iOS 11でiPadは大きく進化しましたが、Macの置き換えにはなりません。それがはっきりとしたのでタブレットはコストパフォーマンスを追求しようと思いました。また、タイミングよくFire HD 10 タブレットのニューモデルが発表されたこともあって一気に予約という流れになりました。

AmazonでカスタマイズされているFire OSはGoogle Playに比べるとアプリの数もまだまだ少ないですし、Googleのサービスが使えないという仕様です。Amazonのアカウントに紐付いているのでそれは仕方がないことかもしれません。でも、抜け道がないこともないのでそれを使うか、それともAmazonのサービス内でどこまで使えるものになるのかを検証しつつ使いやすいものに仕上げていく面白さがあるように感じます。

10.1インチなので重量が500gあります。iPadと比べるとやや思いです。ケースをつけるかどうか悩ましいところです。スクリーンはマグネットによりカバー開閉時にオンオフになるのでケースはいるかなあとは思うのですが、そのまま気軽に使っても価格が価格なのでいいかなあと思っていたりします。

Amazonもコンテンツを楽しむことを第一として、あとはストレスなくブラウザが使えればいいし、クラウドストレージのいアクセスできればとりあえずOKです。書類を作ったり、画像や動画の編集をしたりするのはMac miniやYOGA BOOKに担当させればいいし、外出時はiPhone SEとg07があるので問題ないだろうし、その隙間で活躍する大画面のタブレット「Fire HD 10」が来るのが楽しみなのです。10日後なので待ちきれず、同じFire OSのFire 7 タブレット4,980円を買ってしまいそうな勢いです。普通ならiPhone 8やiPhone Xどうしようかとアップルの製品好きならば悩むのですが、iPhone SEに満足しているし、iOS 11もiPhone SEで堪能できるので、タブレットは未知なるFire OSを試してみようと。ガチガチに固められている部分を使いやすくカスタマイズする楽しさが残っているような気がするので、そういった意味でもFire HD 10 タブレットの到着が楽しみです。

Fire HD 10 タブレット (Newモデル) 32GB、ブラック
Amazon (2017-10-11)
売り上げランキング: 41
スポンサーリンク

フォローする