2480GADGET

Mac mini,YOGA BOOK,iPhone SE,g07,Fire HD 10

Apple App仕事効率化 iOS 11 iPhone

[iOS 11]仕事で使えるiPhoneメモの便利な「書類をスキャン」の使い方と保存方法

更新日:

iOS 11になってとても役立っているアプリが「メモ」です。今までのメモでも手書きができたりと使えるメモアプリになっているのですが、iOS 11になってさらにパワーアップしました。何がパワーアップしたのかというと「書類をスキャン」という機能なのです。これが非常に使えるものなんです。

スポンサー リンク

「書類をスキャン」とは?

「書類をスキャン」という機能は名前の通り書類をスキャンして見やすくしてくれるものです。要するにスキャナーアプリです。それがメモの一機能に追加されたのです。一機能と言ってもメジャーなスキャナーアプリに引けを取らない性能です。書類にカメラを向けて、書類全体をスクリーン全体に収まるようにピントを合わせると自動でシャッターが押されます。この手軽さがいいですね。画像の鮮明さも割と高いので十分に使えるのです。

「書類をスキャン」の使い方

まず、メモを立ち上げます。そのあとテキスト入力の画面になると、キーボード上の鉛筆アイコンの隣に「+」のアイコンがあるのでそれをタップします。

すると、こんな感じのメニューが出てくるので「書類をスキャン」を選択します。

今回は近くにあったmineoの用紙を使ってみることにします。カラーのものですが、通常のモノクロの書類の場合はもっと見易くスキャンすることが出来ます。とりあえずこれでやってみましょう。

「書類の位置をファインダーであわせてください」と指示が出るのでスキャンしたい書類をファインダー全体に収まるようにすると、自動で書類の四隅を認識してシャッターがきれます。

認識率を高くするためには書類を置く場所が書類の色とは違うものの方がいいと思います。

撮影後このようにスキャンしたい箇所を調整することができるので、シャッターが切れたあとで調整してください。
(※下のスクリーンショットはぶれたように写ってしまいました。)

「スキャンを保持」をタップするとこんな感じでメモの画面になります。右上の完了をタップするとメモの出来上がりです。

スキャン後の画像の調整

スキャンした画像をタップしてスクリーンに表示させてみると少し斜めになっています。ここを調整しましょう。

スクリーン下のトリミングアイコンをタップするとこのように書類の端の調整が出来るようになるので、平行になるように表示する範囲を微調整します。完了をタップするとこのようにちゃんと平行になりました。

色の調整をしましょう。「カラー」「グレイスケール」「白黒」「写真」と変更ができます。テキスト主体の黒色で印刷された書類の場合は「白黒」がはっきりとします。「グレイスケール」もいい感じになります。

まず「白黒」

もとがカラーなので文字が少々粗くなります。繰り返しますが、通常の黒色で印刷された書類はきれいになります。

次は「グレイスケール」です。

次は「写真」

今回スキャンしたものはこの「写真」がよさそうです。

スキャン後のメモの保存はどうする?

共有アイコンから「PDFを作成」を選べばスキャンした画像がPDFに変換されて保存されます。同一メモに複数枚スキャンした画像がある場合は一緒にPDFに変換するようになります。

「ファイルに保存」を選択した場合は、画像はPDFに、テキストメモの部分はテキストファイルに分かれて変換されます。

スキャンした画像をカメラロールに保存したい場合は、保存したいスキャンした画像をタップし、その画像を長押します。すると「コピー 削除 共有」と出てくるので「共有」を選択すると「画像を保存」が出来るようになります。

スキャンした画像にマークアップするには?

メモの中のマークアップしたいスキャン画像を選択して、共有アイコンをタップします。「PDFを作成」の横に「マークアップ」のアイコンがあるのでそれを選択すると、マークアップ出来るようになります。

iOS 11のメモはとても役に立つのです

iPhoneにはスキャナーアプリを入れているのですが、あまり使いませんでした。保存までいくつか手順を踏まなくてはいけないアプリを使っていたからです。しかし、メモに搭載されたスキャナー機能はとても簡単で、メモを立ち上げる→+アイコンをタップ→書類をスキャンを選択→スキャンしたい書類をカメラのスクリーンに入れる→スキャンを保持を選択→保存を選択 とこれだけでいいんです。調整はあとでもできるので、とりあえずメモに保存しておいて、時間のある時に調整ということでOKです。調整はiOSデバイスであればiCloudで同期されているので、iPhoneでスキャンした画像を含んだメモを、iPadで続いて調整するということも可能です。Macでは画像の調整はできないのですが、iPhone、iPadでできるので便利です。

このように標準の機能の中にドキュメントスキャナーが搭載されたので仕事にも使えるメモになったのです。今までは書類をカメラで撮影してOKとしていたんですが、長方形に撮影できず、本当にとりあえずのものになっていましたが、この新しいメモのおかげでちゃんと長方形に修整して保存できるようになりました。光の反射を軽減したり、影を除去したりというのは出来ないのですが、それでもこれからヘビーユースのアプリになりそうです。ぜひ使ってみてください。



\ シェアしてください /

-Apple, App仕事効率化, iOS 11, iPhone
-,

Copyright© 2480GADGET , 2017 All Rights Reserved.