2480GADGET

Mac mini,YOGA BOOK,iPhone SE,g07,Fire HD 10

iOS 11 iPad mini iPhone

iOS 11 の個人的に地味に役立つAssistive Touchの不透明度調整

投稿日:

個人的なことですが、私はiPhoneやiPadのホームボタンを押すのが嫌いです。あの押し込む感触が好きではなく、できることなら押したくないんです。これは完全に好みの問題で少数意見であろうことは予想がつくのですが、とにかくホームボタンはできるだけ押したくないんですよねえ。それはiPadでも同じです。そのためにどうしているかというと「アクセシビリティ」の「Assistive Touch」を使っているのです。普通「Assistive Touch」を使う場面というとホームボタンが使えなくなってしまったとか、効きが悪くなった時に「Assistive Touch」を使うことを思いつくと考えますが、私はもう最初から「Assistive Touch」を使っているのです。

スポンサー リンク

Assistive Touch を使ってホームボタンを押さない

4インチのiPhone SEでは画面が狭いので邪魔だろうと思われるかもしれませんが、慣れれば大丈夫です。カメラを使う時に、たまにアイコンと間違えてしまって「Assistive Touch」のアイコンをタップしてしまって、イラっとくることがありますが、まあ、こんなもんです。ただ、「Assistive Touch」のアイコンは色が待機時に薄くなるとはいえまだまだ存在感があるのです。でもですよ、iOS 11で待機時の不透明度を調整することができるようになったんです。個人的にはこれは嬉しいことなのです。

Assistive Touch 待機時の不透明度を調整する

調整の仕方は簡単です。

一般

アクセシビリティ

Assistive Touch

待機状態時の不透明度

ここで透明度の調整ができるのです。

今は20%にして目立たせないようにしています。

スクリーンショットにはうまく写らなかったので皆さんものは試しでやってみてください。ホームボタンもききがわるいぞとか、ホームボタンがダメになったということに役立つと思います。まあ、iPhone 7か8を購入すれば解決することなんですよねえ。



\ シェアしてください /

-iOS 11, iPad mini, iPhone
-, ,

Copyright© 2480GADGET , 2017 All Rights Reserved.