iPhone X の「有機EL 5.8インチディスプレイ , 生体認証 , 無線充電機能」をすでに取り入れている「Galaxy S8」

Androidスマホですでに実現していたことをとんでもなく魅力的な機能として出してくるのがAppleはうまいです。今回のiPhone Xの特徴として有機EL 5.8インチディスプレイ , 生体認証 , 無線充電機能が上げられます。有機ELの液晶はすでにAndroidスマホで採用している機種があります。生体認証(顔認証、虹彩認証)もXperiaやGALAXYで採用されています。arrows NX F-01Jは虹彩認証を備え、視線によるログインが行える機能がありました。2016年12月の発売のモデルです。無線充電は、数年前に使っていたNexus 7でもう搭載されていました。

スポンサー リンク

このようにもうすでにある技術をより精度が高く実用的なレベルまで仕上げ、さらにプラスα(技術的な部分やイメージ的なもの)で使ってみたいと思わせるのがうまいのです。事実機能的なものは非常にレベルが高く、十二分に使える機能に仕上げますから、iPhoneに搭載されているのだから安心だという気持ちになります。

でも、今回発表されたiPhone Xより先に上記の機能を搭載した「Galaxy S8」も魅力的に映ります。

iPhoneを使うかAndroidを使うか?

今、iPhoneもAndroidスマホもハイスペックモデルであれば遜色ないレベルまで両者はきています。Androidスマホの方が種類が圧倒的に多く、価格もローからハイまで幅広いので、自分の予算に応じて購入できます。iPhoneはモデル数が少ないし、一番安いモデルでも4万円はします。4万円だせば、Androidスマホの割りといいものが購入できます。このあたりはMacとWindowsの関係にも似ています。

少し前まではMacを使っていたらiPhoneじゃないといろいろと不便な部分があったのですが、今ではMacを主力マシンとして使っていても、Androidスマホでも問題ないところまで来ました。カレンダーはGoogleカレンダーとMacもカレンダーを同期させておけばいいし、同期をさせないなら、Android側でアプリで対処すればいいのです。連絡先はGoogleの連絡先に置き換えてしまえばOKです。データの同期も今はiCloudを使わなくてもDropboxやOneDriveやGoogleドライブを使えばいいのです。アプリもiPhone、Android両方とも用意されているものも多く、iOS、Android両方使っている場合でも、両OSのバージョンがあるアプリを意識的に選んで使えば問題がなくなります。データもどちらのアプリで使っても同期をしてくれるものも増えているので楽になってきました。

だからiPhoneを使うかAndroidを使うかは、もうどちらを使ってもいいのです。自分の好みと予算を考えてiPhoneがよければiPhoneを、AndroidがよければAndroidを使えばいい。なんともまあいい時代になったのでしょう。

「Galaxy S8」のいいなあと思う点

「Galaxy S7」よりも前面のスクリーンが大きくなりベゼルが狭くなったので、iPhone Xのように全面ディスプレイ感があります。スクリーンも有機ELなのできれいです。

生体認証は虹彩認証と顔認証に対応しています。指紋認証にも対応しています。画面がロックされていても指紋認証でロック解除することができるので、電源ボタン押さなくてもいいです。無線充電機能はどうやらS6あたりから搭載されているようですね。

スペック的なものも高性能、カメラの性能も良し。バッテリーももつようです。これらの性能は非常に高く、メインメモリも4GB、ストレージは64GBあります。AndroidスマホはmicroSDでストレージを増やすことができるのも魅力です。「Galaxy S8」は256GBまで対応しています。

それでいて白ロムの価格がiPhone Xと比べるととても安い。AU Galaxy S8 SCV36 であれば68,900円。ただしSIMロック解除しないとMVNOのSIMは使えないのでこの点は要注意。Galaxy S8 SC-02J docomoであれば75,800円で白ロムがあります。iPhone 8より安いです。ここが魅力なのです。Androidスマホを使うならGalaxy S8 は使ってみたいなあと思う機種なのです。

といろいろと書いてみました。iPhone Xの価格が価格なので手に入れるのは難しいです。iPhoneではなくAndroidに目を向けてみると高機能ハイスペックモデルがiPhoneよりも数万円安く手に入るのです。スマートフォンはiPhoneにこだわらないというのであれば、このようにハイスペックで低価格なMVNOのSIMで使うことができるスマホを探すのも1つの方法だなあと、iPhone Xの機能一覧と価格を見ながら思ったのでした。スマホはAndroidでタブレットをiPad Proにするのが一番コスパが高いのではないかとこのごろ思っているのです。
Galaxy S8 SC-02J ブラック 白ロム Midnight Black 黒色 docomo
docomo
売り上げランキング: 33,691
スポンサーリンク

フォローする