Mac,iOS,Android,Fireタブレット

2480GADGET

Apple Apple Watch Pebble

実は今回のAppleの発表で興味津々になったのがApple Watch Series 3だったりする

更新日:

iPhone Xの興奮冷めやらぬことだと思いますが、皆さん、Xいきますか?キャリアもいろいろなプランを用意してiPhone Xを買いやすくする(見かけはね)ようにしてくれるので、おーいっとけー!という気分になりそうな毎日です。とはいうもののiPhone Xを買うなら、Xの値段でてんこ盛りiPad Pro 10.5インチが余裕で買えたりするので、優先順位であればiPad Proが欲しいです。でかい画面のiPadが欲しいなあ。miniの7.9インチは小さくてねえ・・・まあ、それはいいのですが、今回のAppleの発表会でちょっとというか、おっこれいいんじゃないと思ったのが「Watch Series 3」です。今まで全く買おうという気にはならなかったのですが、ここにきてあってもいいかもと思っています。

スポンサー リンク

「Watch Series 3」のここが進化した

噂通り「Watch Series 3」にセルラーモデルが登場しました。見分けやすい赤色のDigital Crown(リューズ)。ひと目で「Watch Series 3」のセルラーモデルということがわかります。ユーザーの心を捉えますなあ。

ま、外見上はこんなところです。代わり映えはしません。中身はどうか、速度は公称で70%アップということなので順調に進化し、それでいてバッテリーも18時間とかわりなく今までの持続時間をキープしています。使い方によりますが最長2日間はバッテリーをもたせることが出来そうな感じです。でもセルラーモデルだとどうでしょうか。ここが気がかりです。

LTEの通信をサポートしたというのが今回の「Watch Series 3」の特徴です。iPhoneをうっかり忘れてきても通知、音声通話をなんとかさばくことができるという点はすごくいいです。

他にはLTE通信に対応した恩恵としてApple Musicに「Watch Series 3」単体でアクセスして音楽の再生が出来るということです。ランニング中にiPhoneを持ち出さなくても「Watch Series 3」だけで音楽を聴きながら走るということが可能になったのはいいですよね。iPhoneをポケットに入れて走るの案外邪魔になるのです。

スペック的にも強化され、LTE通信もサポートした「Watch Series 3」でやっとスマートウォッチは「Watch Series 3」でいいよねとなったのではないか、そう思います。

冷静に考える LTE通信はいるのか?

「Watch Series 3」が発表される前に、単体でLTE通信できればiPhoneなしで大丈夫だねと考えていましたが、実際に発表されてみるとiPhoneとの連携は必須です。iPadではだめでやはりiPhoneありきになっています。例えばAndroidもサポートしますよ、iPadでもいいですよとなれば購入する層がまた増えると思いますが、現実ではiPhone必須です。電話番号の関係もあるのでしょう。

そもそもApple Watchを購入する方はiPhoneをもっています。iPhoneがないとApple Watchは機能しないわけですから。LTE通信が単体で出来るApple Watchといっても、電話番号はiPhoneのものに紐づくし、通知があってそれに答えようとするとiPhoneを出さないといけないわけです。ということは常にiPhoneをポケットやカバンに入れているという毎日ではLTE通信がなくてもなんとかなるのです。今までなかったわけですから。

そう考えると、LTE通信が必要な場合はスポーツで使うときです。iPhoneを身に着けていることさえ邪魔だと感じるときにLTE通信が単体でできるApple Watchの存在意義が出てくるのです。

ということはスポーツやランニングを日頃から積極的にしていない、おまけにiPhoneはいつもポケットにあるという私みたいな行動パターンであればLTE通信がない従来のモデルで十分だということになりますね。

Apple Watch Series 3(GPSモデル)は買いか?

セルラーモデルが最初はいいなあと思いましたが、よくよく考えてみると上記の用にLTE通信必須ではありません。あれば便利という程度の位置づけです、私の中では。それでは何がいいのか。もしもApple WatchのSeries 2が併売されて価格が下がっていればそれでよいとさえ思います。でも、Series 2がSeries 3に取って代わるということになり併売されるのはSeries 1です。1はGPSも単独でとれないし、動作も遅いので価格が安くてもきっと満足しないでしょう。ということはSeries 3だということになりますね。Series 3の価格は税別36,800円(税込39,744円)からです。これならばいいかもという価格設定ですね。ランニングする時間が長いとか、屋外でスポーツをすることが多いという場合はセルラーモデルの方がいいと思いますが、価格も手頃であり、スペックもアップしたWatch Series 3(GPSモデル)が個人的には買いだと思います。
赤色のDigital Crownには惹かれますけど。

Apple Watch Series 3でしたいこと

「もっと立って、もっと動いて、もっとエクササイズ。」これですね。日頃からMac miniの前にいることも多く、立って歩くと行っても室内が多いので必然的に運動不足になります。このごろそれをひしひしと感じていて、その運動不足を解消してくれるのがApple Watch Series 3ではないかと思っているのです。

「スマートコーチング。必要な時に励まします。」運動したり、歩いたり、ランニングしたりはコーチがいたほうがいいです。たとえそれがApple Watchだとしても、やる気の度合いが違うでしょうね。

「目標を達成したら、Apple Watchがお祝いします。」達成時に褒めてもらえると嬉しいじゃないですか。褒めてほしいなあ。

「健康のためのパワフルなツール」年齢が上がってくると健康に対する考え方が変わってきます。心拍数をいつも計測してくれて異常を発見しやすくなったり、これからApple Watchが目指すところが健康とスポーツのためのスポーツ ウォッチであるならば手にする意味はあるかなあという気がします。

今日9月15日から予約開始です。GPSモデルは9月22日の発売です。Cellularモデルは10月5日の発売です。1年前ははめていたPebbleがこわれました。Pebbleは会社自体がなくなってしまったのでコストパフォーマンスが良かったスマートウォッチはなくなりました。それにかわるようなものがない今、高機能なApple Watchを手に入れてもいい時期かもと思っています。ただ、iPad Proもいいなあと思っているので、悩む期間がしばらく続きそうです。

■関連リンク
Apple Watch Series 3



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

2480_G

岡山県在住1965年生まれの個人事業者です。MacはPowerBook150から使い始め、現在はMac mini 2014を使っています。当ブログでは日頃使っているMacやiPhoneなどの気になるガジェットのことを中心に書いています。更新情報はTwitterでもおしらせします。

-Apple, Apple Watch, Pebble

Copyright© 2480GADGET , 2017 All Rights Reserved.