声を使おう! Hey Siriから音声入力までiPhone SEに語りかけてできる事はやってしまおう

前のエントリーでiPhone 5sとiPhone SEの決定的な違いはHey Siriが使えるかどうかだということを書きました。実際的な問題としてHey Siriですべてのタスクが済むわけではありません。ロック画面からそのままHey Siriと呼びかけ、Siriを呼び出すと「ロック画面を解除してください」という場合も多いのです。しかしロック画面を解除せずにHey Siriと呼びかけてできることは割とあります。Siriを使う上で「ロック中のアクセス」と「Hey Siriを許可」というのはオンにしておくのがデフォです。

スポンサー リンク

この頃Siriでよく使ってるのはちょっとしたメモを取る、アラームの設定やスケジュールを調べたり明日の天気を確認したりと日常的なささいなことを液晶をタップせずにSiriを呼び出しています。アンドロイドであればOK Googleで同じようなことができたりするんですけれども、スケジュールはiPhoneで全て賄っているしね。どちらかというとSiriの方が相性が良いという感じです。

そして、Siri以外の音声での作業は音声入力での文章書きです。この頃、長文はMac miniとApple Wireless Keyboard以外ではあまり打ちたくないのでYOGA BOOKを使って打つことも少ないですし、iPadやiPhone+Magic Keyboardで打つこともいやほんとにやってないんです。

ブログを書くときにはMac miniの前に座り、一気にブログの記事を書いていくという感じにしています。でもいつもいつもMac miniの前で座ってるわけではないので、すきま時間でメモをしたりブログの記事を書いたりできればいいなぁと思っているので、その要望を叶えるべく、もう一度使い始めているのはiPhoneの音声入力です。

iPhoneの音声認識の精度が非常に高いので後から校正する手間が随分と省けます。Androidの音声入力を使うよりもiPhoneで音声入力をする方が格段に私の場合は楽です。

「改行」であるとか「。」であるとか「!」であるとかそういった記号も全て音声で入力できるのでとても楽なんです。

この文章もiPhoneの音声入力を使って下書きをして、その後iPad miniを使いまた音声入力をしつつ、今までの文章を校正しつつこれを書いています。頭の中で描くことを一旦文章化してしゃべらないといけないので、時間がかかるような気もしますが、実際のところは入力自体は非常に早いので、正確にしゃべればほぼ漢字の直しは必要ないんです。

音声入力を使うと実際に手で入力をしないで済むので意外と長文になることが多いのです。後から頭から読んで行いらない部分を消したりしながら1つのエントリーを完成するのですが、手を使わないでいいのでその分疲れが少なくて済みます。

これからAIもドンドンと進化しキーボードを打って文章作成すると言うよりも、音声を使っていろいろ指示を出したり文章を作成していたりと言うのがこれからの流れではないのかなと言う気がします。私自身は音声入力でドンドンと書いていくのも抵抗無くできます。Mac miniの場合は慣れ親しんでいるApple Wireless Keyboardがあるのでそれを使って打っていくのが心地良いのですが、iPhoneやiPadの場合はフリックよりも、ソフトウェアキーボードで打つよりも、音声入力の方が格段に速いのです。

以前もiOSの音声入力の素晴らしさ、Macを使った音声入力の素晴らしさについては書いたと思うんですけれど、非常に優秀な音声入力をかけてこのように両手を自由にしながらiPhoneやiPadの画面文章打つことができるのはとても快適です。これからも音声入力を使いブログの下書きはこれからも音声入力を使い書いていきたいと思っています。もちろんSiriを呼び出していろいろなことをiPhoneで確認したりスケジュールやメモを取ったりすることも実践していこうと思っています。

音声入力をまだあまり使っていない方は、一度iPhoneの音声入力で文章を作成してみてください。Siriを呼び出していろいろのことをSiriに頼んでみてください。しっかりと言葉を認識してあなたの要望をかなえてくれるはずです。これからますますSiriの精度が上がり、複雑なこともSiri経由でできるようになれば、もっと自然にiPhoneがiPadを使えるようになると思います。音声認識、音声入力にはとても期待をしているのです。

Apple iPad mini 4 Wi-Fiモデル 128GB MK9Q2JA アップル アイパッド ミニ MK9Q2JA ゴールド
スポンサーリンク

フォローする