iPad miniで『手書き』を活かすアプリとスタイラス

iPad mini 3を以前よりもまして使っています。そうするとまたまた使いたくなるのが手書きのメモアプリと手書きでの入力です。そして、用意しないといけないのがスタイラス(タッチペン)です。スタイラスは以前購入したものを使っています。価格の割りには反応もいいので、メモ書きや、ちょっとしたイラスト書きにも使えるのです。iPad ProならApple Pencil以外の選択肢はないのですが、iPad ProではないiPadを使っている場合、スタイラス選びって意外と悩むものなんです。

スポンサー リンク

使っているスタイラスはこれ

北欧スウェーデン発「The Friendly Swede」交換用ディスク収納機能付き ディスクスタイラスペン 2本セット (カラー:ブラック)
北欧スウェーデン発「The Friendly Swede」交換用ディスク収納機能付き ディスクスタイラスペン 2本セット (カラー:ブラック)

ペン先が円盤になっている形式のスタイラスです。円盤の部分が硬い素材だと、iPadの液晶にあたってコツコツと音が出てしまい気になるのですが、このスタイラスの円盤部分は硬質のものですが、音がしないので(当方のiPad mini 3 アンチグレア液晶保護フィルム装着済)非常にいい具合なのです。

また、ペン先の円盤はクリアなのでペン先がどこにあるかが認識できて細かな文字も書くことができます。

2本入りで2,000円を切っている価格。交換用のペン先もついているので長く使えるスタイラスです。もちろん、Apple Pencilの精度の高さには及びませんが、ちょっとしたイラストであればこのスタイラスで十分いけるのではないかと思います。少し傾けて書くのがコツなので、慣れるまでは書き始めが認識しないこともあると思うのですが、慣れるときれいに書くことが出来るようになりますよ。

手書きアプリは定番

手書きアプリは定番のNotabilityを入れています。個人的には使う頻度は低いのですが、メモアプリはNotabilityを入れて置けばOKです。使いこなせば相当便利になりそうです。Apple Pencilと合わせて使うとこれまたとてもメモが捗るようです。もちろん前述の「The Friendly Swede」ディスクスタイラスペンで問題なく手書きメモが書けます。

Notabilityは手書きだけではなく、キーボードからのテキスト入力や画像の挿入もできちゃいます。そして、音声を録音が出来て、録音しながら手書きメモを書いていると、音声と手書きがシンクロして後から再生することが可能です。講義や会議のときに役立ちそうです。手書きメモアプリの範疇をこえているNotabilityはぜひとも入れておきたいアプリです。

手書きで日本語入力をしたければmazec

ソフトウェアキーボードではなく、手書きで日本語入力もしてみたいという場合はmazecを使うといいでしょう。認識率はとても高いし、予測変換も強力なので、iPadでソフトウェアキーボードを使いたくないなあという方にとっては強い味方になってくれると思います。

渡しの場合はソフトウェアキーボードの方が速く入力することができるので、iPad標準のソフトウェアキーボードを使っていますが、キーボードが苦手という方にはmazecはいいと思います。

Apple Pencilに対応していないiPadでもスタイラスがあれば快適に

iPad、iPad mini、iPad AirなどProではないiPadを使っている方でまだスタイラスを持っていないという方はとりあえず手に入れておくといいですよ。本格的にイラストを描く予定がなくても、手書きメモで使えます。ペン先が円盤型になっているものは細かな部分まで書くことができるのでオススメです。いろいろとスタイラスが出ていますが、レビューを参考に評価が高くコスパがよいものを探してみてください。私は北欧スウェーデン発「The Friendly Swede」交換用ディスク収納機能付き ディスクスタイラスペン 2本セット (カラー:ブラック)を気に入っていますが、他にもいろいろとありますからね。

スタイラスの欠点は持ち運ばないといけないことなんですが、手書きメモって指でもOKだし、イラストや絵も指で描くということもできるので、手書きメモのアプリも1本入れておくと便利です。iPadはMacに比べると万能ではありませんが、機動力の高さと優秀なアプリがあるので使えるのです、iPadは。使う使わないはおいておいて、iPadに高機能手書きメモアプリは入れておいて損はないと思います。

■関連リンク
Notability

スポンサーリンク

フォローする