MacBookの失われた拡張性をこれでもかと復活させる保護カバー「BOOST」が気になる

MacBook、いいですねえ、ほしいですねえ。とはいうものの今はノート型のMacよりもMac miniを使って作業するほうが効率がいいし、YOGA BOOKもあるので、MacBookの購入まではいたっておりませんが、出先でバリバリとノート型のコンピュータを使う状況になれば、MacBookを選択することでしょう。でも、気になるのはMacBookの拡張性のなさ。毎度のことながらいらないものはバッサリと切るAppleの潔さで本当にUSB Type-C以外の外部接続端子がなくなったMacBook。使い方によっては外部接続端子は特にいらないという方もいれば、いやいやないとやっぱり困ると言う方もいるはず。ないと困る派の人にとってこの保護カバー「BOOST」は気になるものになるはずです。

スポンサー リンク

拡張性が大幅にアップする保護カバー「BOOST」

保護カバー「BOOST」はMacBookの装着するカバーで、液晶側と本体下部の2つのパーツで構成されています。よくあるパターンのものです。しかし、キーボード側背面につけるカバー部分には、こでもかというほどに外部接続端子が用意されています。

左側
Mini HDMIポート(HDMI 2.0対応)
USB Type-Aポート(USB 3.0対応)
USB Type-Cポート
右側
USB Type-Aポート
イヤホンジャック
SDカードリーダー

これだけついてくるんです。USB Type-Aポートが2つあるのは何かと便利だし、まだまだ使いそうなSDカードリーダーもついているのはありがたい。これだけあれば他になにも持ち歩かなくてもいいのです。

バッテリーもついている!

この保護カバー「BOOST」のすごいところはバッテリーも内蔵されていること。3300mAhのバッテリーが2つついています。それでなくてもMacBookのバッテリーはそこそこもつので1日くらいは充電しなくても使える場合が多いのですが、保護カバーにバッテリーが内蔵されていれば安心です。

保護カバー「BOOST」は税込15,800円

保護カバー「BOOST」の外装は合成皮革素材が使われています。カラーパターンは以下の通り。
・ブラウン X ブラック
・ブラック X ブラック
・ネイビー X ブラック
・オレンジ X ブラック
・ピンク X ホワイト
・ホワイト X ホワイト

クリアタイプもあります。
・クリア X ブラック
・クリア X ホワイト

重量は液晶側上部ケースが108g、キーボード側ボトムケースが326gで、計434g。これだけの拡張とバッテリーを内蔵し、外装が合皮であれば仕方がないところです。MacBook自体とあわせると約1.35kgほどになるので、重くはなりますが、他に何も持ち歩かなくていいと考えるならば我慢できる重さではないかなと思います。MacBookに拡張性がほしいなあと思っていた方はこの保護カバー「BOOST」は要チェックです。
■関連リンク
デザイン、機能性全てを兼ね備えた、MacBookのための究極のソリューション BOOSTが日本上陸!(DISCOVER)

MacBook (12-inch/1.1GHz Dual Core Intel Core m3/256GB/8GB/802.11ac/USB-C/ローズゴールド)
アップル (2016-04-20)
売り上げランキング: 8,730
スポンサーリンク

フォローする