iPhoneでAmazonプライム・ビデオ「アマルフィ 女神の報酬」を観る

先週末、Amazonのプライム・ビデオをしばらく見ていないなあと思い新しい作品があるかなと探してみると、面白そうな作品や劇場で観て面白かった作品などが幾つか追加されていました。Amazonプライム・ビデオはプライム会員向けのサービスで、「Prime」タグがついている映画は無料で何回も観ることができるのです。このサービスだけでもプライム会員になる価値ありのサービスなのです。新しい作品もあれば、非常に古い作品もあり、いろいろと検索してみれば「おっこれ観たいなあ」とか「これ、観逃したんだよね」という作品があるはずです。

スポンサー リンク

しばらくAmazonプライム・ビデオを観ていなかったので検索をしてみると、外交官・黒田康作シリーズの「アマルフィ 女神の報酬」がありました。「アマルフィ 女神の報酬」は一度観て入るのですが、なんとなく気になってもう一度観ることにします。

アマルフィ 女神の報酬

観るのはAmazon Fire TV Stick経由のテレビで観ます。Fire TV Stickは新モデルではないので、少し動作がもたつくことがあるのですが、一旦読み込んでしまえば映画は問題なく見ることが出来ます。キーワード検索のときに、音声検索対応のモデルではないので、若干面倒なのです。ですから、キーワード検索をせずに、画面の映画一覧から面白そうなものがないかを探すのです。

週末の土曜日の夜遅くについつい「アマルフィ 女神の報酬」を観始めてしまい、気づけば深夜1時近くになっていました。このまま、テレビで観ても良かったんですが、寝っ転がって観て、観終わったらすぐ眠れるようにとテレビで観るのをやめて、寝室にiPhone SEを持ち込んで、イヤフォンをさし、薄暗い中、「アマルフィ 女神の報酬」をiPhoneでみることにしました。

寝室で観るためにはイヤフォンが必需品。自分だけならいいのですが、奥さんを起こすことになってしまいますからね。使ったイヤフォンはなんとiPhone 4のもの。iPhone 4 のイヤフォンについてはまた書くことにして、とりあえずイヤフォンをさしたiPhone SEで観るのです。日頃は小さな文字が見づらい毎日なのですが、私はこんな時には便利である近視なのです。近視の場合は、メガネをとれば近くのiPhone SEの画面もくっきりと見えるのであります。おかげで寝るときはメガネを外してiPhone SE を見ることができるので、そのまま寝落ちしても安心なのです。

さて、「アマルフィ 女神の報酬」です。2009年の作品。主演は織田裕二, 天海祐希, 戸田恵梨香。織田裕二さんは「踊る大捜査線」の青島のイメージが強かったのですが、この黒田康作は非常に良いです。コミカルな織田裕二もいいのですが、完全にクールであり、かつ、切れ者、でも、時々見せる人間味。黒田康作にあっていると思うんですよねえ。今回の1作目は脇を固める俳優陣もいい。天海祐希、佐藤浩市は安定の演技。2作目にも登場する戸田恵梨香も要所要所で存在感を出しています。ストーリー自体はまあ、こんなことやっていいのという部分もないわけではないのですが、安心して観ることができる流れになっています。まだ観ていない方にはおすすめなのです。

寝る前は液晶画面を見ないほうがいいのですが、この時ばかりは特別です。たった一人だけの観客に対して上映してくれるiPhone映画館 by Amazonプライム・ビデオはハラハラ・ドキドキの時間を作り出してくれるのです。楽しいです、プライム・ビデオ。iPhone SEならコンパクトなので、手で持って観ていても疲れは少なくてすむのです。

スポンサーリンク

フォローする

こちらもどうぞ