2480GADGET

@2480_Gのガジェット使用記録。Mac miniとYOGA BOOKとiPhone SEとg07とFire HD 10が稼働中。

Apple iPad iPad Pro

気軽に使うためのiPad選び-2017 夏-

投稿日:

iPad Pro 10.5インチの発売にあたり各種ニュースサイトや購入された方のブログでのレビューの記事数の多さは、さすがiPadというところでしょうか。確かに10.5インチのiPad Proは性能の高く、9.7インチ並の大きさに10.5インチのディスプレイを埋め込んでいるのですからこりゃいいわあとなるのは当然です。しかし、価格が10万弱なので、そこそこのノートPCが買えてしまうことを考えると。MacBook Air 13インチもちょい足せば買えるとなると。ちょっと踏み出せないという方は多いはず。私もそうです。完全にラップトップの置き換えにiPad Proがなるというのなら購入すると思うのですが、現状ではそこまではまだという感じなので、購入したい気持ちはありますが、一歩を踏み出せないでいます。やはりProとついていますからね。Apple Pencilが使えますよ。スピーカーの迫力も違うし、スクリーンがより指にくっついてくる追随性の高さ、スクリーンの美しさも見てください。というハイスペックなタブレットなのですからね。

スポンサー リンク

iPad Pro以外のiPadという選択

もう少し手に届きやすいiPadが欲しいなあ。そんなに最新のスペックでなくてもいいから、というならiPad Pro以外のiPadに目を向けてみましょう。乱暴な言い方をすればApple Pencilを使わないという前提であればiPad Proを選択する必要はないのです。iPad Proの強みはApple Pencilを使うことができるという点です。Apple Pencilは使わないということなら、iPad Proでなくても十分ではないでしょうか。価格も半額までとはいきませんが、相当リーズナブルになるのです。

iPad 2017(5世代)

低価格路線に舵をきった5世代iPad。iPad Airとほぼ同じボディと重量になったので、iPad Air 2,iPad Pro 9.7インチとくらべて厚みがまし重くなりました。しかし、最安値で3万円台後半で購入できるiPadというのは魅力的です。

その安さの秘密はディスプレイの品質です。iPad Air 2,iPad Pro 9.7インチに比べて明らかに劣るのはディスプレイです。ここが許容できるかどうかです。

実際にヤマダ電機に行って10.5インチのiPad Pro、9.7インチのiPad(5世代 2017)の3台を比べて見てきました。照明下だったので、とにかく違いを感じたのがiPad(5世代 2017)の映り込みが一番目立つということ。これはもう明らかに他のiPadより反射します。並べてみるとよくわかりますね。

でも、iPad Air以前のiPadを使っている場合は同じような感じなので、そんなに違和感を持たないのではないかと思うのです。

我が家にあるiPadはiPad AirとiPad mini 3です。iPad Airにはガラスフィルムを貼って次男が使っていますが、iPad Air単体で見るとスクリーンは非常に綺麗で見にくいということは感じません。

iPad mini 3 にはアンチグレアフィルムを貼っているので反射は最小限に抑えられています。iPad(5世代 2017)の映り込みが気になるという方はアンチグレアの液晶保護フィルムを貼れば問題はないのではないかと思います。Apple Pencilも使えませんからね、液晶がやや奥まっているという感じも機にならないのではないでしょうか。

MP2J2J/A シルバー iPad Wi-Fi 128GB 2017年春モデル(iOS 10)

10.5インチのiPad Proの画面をタップしてアプリを出すときに、ホーム画面に戻る時の感じをiPad(5世代 2017)と比べてみましたが、確かに速度は10.5インチのiPad Proの方が速く滑らかです。でも、普段使いであればそれを意識することはないのではないかと思いました。家にあるiPadがiPad AirとiPad mini 3だからそう思うのかもしれませんが、ゲームをゴリゴリとするとか、GarageBandやiMovieを使いこむということでもない限り、iPad(5世代 2017)でもいいのではないかと思ったのでした。iPad 2017(5世代)なら4万円中盤で手に入る128GBがオススメです。

iPad Air 2

液晶の質はできたら高く、見やすいものがいい。できるだけ薄く軽いiPadがいいという場合はせんたくしは1つ。iPad Air 2です。オンラインのApple Storeではラインナップから落ちましたが、Amazonや通販などではまだ購入可能です。しかし、価格が上昇傾向にあります。64GBの価格が高くなっているようです。狙い目はApple Storeの整備済製品です。

Apple iPad Air 2 Wi-Fiモデル 64GB ゴールド FH182J/A / MH182J/A

整備済製品は64GBのモデルで45,000円弱の価格なのでコストパフォーマンスが高いです。スペック的にはiPad(5世代)よりは劣りますが、もう数年は現役として使えるのではないかと思いますから、液晶の反射が気になる場合や、できるだけ軽くて薄い方がいいという要望にはiPad Air 2も選択肢として考えた方がいいと思います。

結局5世代かiPad Air 2か

実機を見た感じではiPad(5世代)も液晶の反射が気になるならアンチグレアのフィルムを貼れば映り込みの不安は解消されます。128GBで47,000円弱という実勢価格を考えると、iPad Air 2の64GBよりはコスパが高いのではないかと思います。実質的にiPad Air 2の後継機種としての役割をになったiPad(5世代)なので、スペック面、バッテリー面を考えても低価格で購入できる現状ベストなiPadではないかと実機を触って見て思いました。

秋にリリースされるiOS 11でiPadは今よりも確実に使いやすくなります。MacよりにシフトしたiOS 11のポテンシャルを最高に引き出すにはiPad Pro 10.5インチ、12.9インチがベストな選択ですが、費用対効果を考えると、私はiPad(5世代)の128GBでいいのかなと思います。もちろん、予算がある場合は10.5インチがいいと思いますが、秋にはiPhoneの新型が出ますからね。そちらにも予算を回さないといけない方も多いでしょう。ということで、現実的な路線でニーズに応えるiPad(5世代)が現状ではディスプレイの品質はiPad Airと同じような感じにはなりますが、そこさえクリアできるならいい選択だと思います。

MPGW2J/A ゴールド Pad Wi-Fi 128GB 2017年春モデル(iOS 10)
Apple(アップル)
売り上げランキング: 66,218


\ シェアしてください /

-Apple, iPad, iPad Pro
-,

Copyright© 2480GADGET , 2017 All Rights Reserved.